お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

立川こしら



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

立川 こしら(たてかわ こしら、1975年(昭和50年)11月14日 - )は落語立川流の落語家。

本名、若林 大輔(わかばやし だいすけ)。立川志らく門下総領弟子、真打。

経歴

  • 千葉県東金市出身。千葉県立東金商業高等学校卒業。
  • 10代のうちはパンクバンドをやった後に劇団・お笑いなどを転々とする。そのうちに放送作家の奥山コーシンが主宰するお笑い教室に入り、たまたま奥山の使いで立川志らくの落語会に届け物をする機会があった際に、「なんとなく勢いで」初対面の志らくに入門を直訴した。
  • 1997年(平成9年)5月1日 - 立川志らくに正式に入門。立川らく坊(卒業)と同時入門。前座名「らく平」。
  • 2001年(平成13年)5月 - 二つ目昇進。「こしら」に改名。
  • 2011年(平成23年)11月 - 志らく一門の真打トライアル試験に合格。真打昇進が内定。
  • 2012年(平成24年)12月 - 弟弟子の立川志ら乃と共に真打昇進。立川談志の孫弟子では初、5代目柳家小さんの曾孫弟子(孫弟子から預かり弟子となった者の弟子は除く)でも初となる真打昇進となった。
  • 2013年(平成25年)7月 - 武川雅寛・白井良明とユニット「ガカリョウこしらのクールじゃ、PON」を結成、フジロックフェスティバル「苗場食堂」に出演。落語家がフジロックに出演したのはこの時が初。
  • 2014年(平成26年)5月 - 一旦、落語家を休業。
  • 2014年(平成26年)12月 9日 - 活動再開。休業中は静岡県賀茂郡松崎町で米・ハーブ・養蜂などの農業に携わっていたことが本人から明かされ、落語会会場や通販でそれらが販売された。
  • 2009年から、毎月東京でファンミーティング的独演会「こしらの集い」を開催していたが、2014年の休業によりいったん休止。復帰後の2015年より「集い」の開催場所を増やし、東京・大阪(2か所)・京都(終了)・名古屋(終了)・津・浜松・札幌(2020年1月より)で毎月独演会を開催している。
  • 人物

    • 立川志らくの一番弟子。しかし、師匠の志らくが暖めておいた高座名「志ら乃(シラノ・ド・ベルジュラックを参照のこと)」を与えてもらえなかった。(「志ら乃」は現在弟弟子が名乗っている)。
    • 前座当時は談志門下に雷門獅篭(当時・立川志加吾)がおり、彼の漫画『風とマンダラ』の登場人物として、作者と立川キウイに次ぐ出演回数で登場していた。獅篭とは現在でも仲が良く、2017年1月から、名古屋で毎月「ママには俺から言っておく(通称:ママ俺)」というタイトルの落語会を二人で開催している。会のタイトルは、二人が前座時代に東京で開いていた会の名前。
    • 独自のページデザインや映像製作などを手がける「合同会社第プロ」の主宰。
    • 同門の立川志ららと組んだ漫才コンビ「カラッペタンズ」としてやDJとして番組を持つ。
    • コカ・コーラがトレードマークになるくらいの無類のコーラ好き。手ぬぐいにコカ・コーラのデザインをもじったものが存在する(落語で使用されるめくりなどの寄席文字は基本的に名前を縦書きなので、「こしら」を「こーら」と読み間違える人も少なくない)。

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。