お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

月亭八方



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

月亭 八方(つきてい はっぽう、1948年2月23日 - )は、上方の落語家。上方落語協会顧問。本名:寺脇 清三(てらわき せいぞう)。出囃子は『夫婦萬歳』。

大阪市福島区出身、大阪市福島区在住。吉本興業所属。浪商高等学校(現:大阪体育大学浪商高等学校)出身。関西学院大学経済学部オープンカレッジコース卒業。血液型O型。

子供は長男(弟子の月亭八光)と長女の2人で、ともに既婚である。八光にはすでに娘もいる。長女は芸能人ではないため非公表であるが、娘婿は長唄の今藤政之祐である。また三千代夫人とは別居生活を送っているが、実際には大通りを挟んですぐそばに互いが居住しており、特に夫婦仲が悪いわけではない。夫人はまた、月亭八方後援会会長を名乗っているほどである。

来歴・人物

子供の頃は病気がちだった。父親は銀行員、母は大衆演劇のファンで、八方が売れてからは地元福島でお好み焼き屋を営んでいた。妻は大衆演劇出身で、九州にいた頃には吉本新喜劇の木村進と共演経験もあった。

八方自身の子供の頃の夢は、プロ野球選手と漫才師であった。まずはプロ野球選手を目指そうと浪商高校に進学するものの、周りのレベルの高さから夢を断念(2学年上には主将の高田繁がいる)。高校時代の途中から落語に興味を持ち、友達や親に対しても、古典落語風の言い回しをするほどだったという。

高校卒業後、一度就職をしたが、たまたま見に行った花月の舞台に2代目桂小米朝(のちの月亭可朝)がいたので、弟子入りを懇願する。可朝から「自分はまだ弟子を取る器じゃない」と断られたが、何度も通いつめた結果、劇場の楽屋への出入りが許され、1968年12月、正式に入門。4か月後に開かれた2代目露の五郎兵衛(当時:露乃五郎)の落語の勉強会で、前座として初舞台を踏む。演目は『宿屋仇』であった。吉本から正式に貰った仕事での初舞台は、桂きん枝(現:4代桂小文枝)らとともに出演した大須演芸場であった。

若手からザ・パンダ時代

毎日放送のテレビ番組『ヤングおー!おー!』に、桂きん枝、桂文珍、4代目林家小染らとともに、若手落語家のグループ「ザ・パンダ」の一員として出演し、人気を得る。その当時は、誕生日が同じことから「西の野口五郎」を自称していた。

東京進出・挫折から楽屋ニュースで再ブレイク

1984年、東京進出を図って『笑っていいとも!』などに出演するも人気が伸びずわずか2ヶ月で降板、「東京は水が合わんかった」と大阪中心の活動に切り替える。

タレント活動の傍ら、1992年に関西学院大学経済学部オープンカレッジコースに入学(1994年に卒業)。さらに、大阪府立大学経済学部で非常勤講師に就任する。

吉本興業きっての芸人事情通で、芸人の私生活で起きた事件を面白おかしく紹介する「楽屋ニュース」(朝日放送ナイトinナイト木曜日枠で放送、1986年 - 1998年。近年は、年末恒例特番『八方・今田の楽屋ニュース』として今田耕司とのコンビ司会で復活)も有名である。この八方独自の楽屋話は、まだ新人だった頃、「顔を売るにはまず先輩芸人から」ということで、楽屋で虚実ない交ぜの話をし、同業者の笑いを取ったことが由来だという。

その言動から「関西一の無責任男」と呼ばれることもしばしばで、高田純次と比されることもある。『鶴瓶上岡パペポTV』では「『さあさあ、それやがな』と始まると、嘘と思わなければだめ」「でも、どうしても上手く騙されてしまう」という話が出た。自身や周囲がしばしば性格のだらしなさやいい加減さを強調するのは、八方の持つ独特の処世観(「壁にぶつかったら乗り越えずに迂回せよ」「照れて遠慮しながら嘘をつけ」など)に基づく言動が原因と考えられる。また最近では「さりとて」「よしんば」などが口癖で、ちゃらんぽらん冨好のものまねのネタにもなっている。

子供の頃からまったく水泳をしたことがなく、カナヅチであったが、『オールスター感謝祭』の水泳企画により、克服した

若手時代からギャンブルなどで多額の借金を背負う。妻はスナック運営などで借金の返済。八光には中学の時家族で行ったオーストラリア旅行で借金があったことを知らされ、その場ですべて完済したことも告げる。
吉本に多額の借金をしていた時期があり、当時元々多かった仕事の量に加え、吉本が早く借金を返してもらうためにさらに仕事を入れた事で、東京に比べてギャラが安いと言われる大阪の芸能界に居ながら、年収が1億円を超えていたという伝説がある。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。