お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

立川生志



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

立川 生志(たてかわ しょうし、1963年12月16日 - )は福岡県筑紫野市出身の落語家。落語立川流所属。本名?赤木 進。出囃子?『あじゃら』。

経歴

筑紫中央高校、福岡大学人文学部卒業。INAXにて営業マンを経験した後、1988年7月に七代目立川談志に入門。「笑志」となる。

1997年2月、二ツ目昇進。

2008年4月、真打昇進「生志」に改名。2009年春に後腹膜腫瘍で入院。同年8月復帰。

人物

血液型はB型。

神奈川県横浜市居住。

笑点Jr.メンバーとして

若手大喜利が笑点の番組前半に行われていたころから出演している最古参のひとり、立川流唯一のメンバーであった。

BS笑点時代は連続出演が少なく、次回の出場権を1・2週で剥奪されることが多かった。2005年4月2日の放送では大喜利の終盤で足袋を忘れていたことが発覚し、ペナルティで座布団を全て没収され、次回の出場権を剥奪されたことがある。

当時は「立川流・苦節の二ツ目」を標榜。「簡単に真打ちになった」ことを自慢するキャラクターの2代目林家木久蔵と小競り合いを演じることが多かった。実際には木久蔵とは仲が良く、二人会を開催したり、ホール落語などでたびたび共演している。

2015年現在は、立川流代表の座を、立川晴の輔(志の輔門下)に譲っている。

芸歴

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。