お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

THE BACK HORN



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

THE BACK HORN(ザ・バックホーン)は、日本の4人組オルタナティヴ・ロックバンド。1998年に東京で結成される。1999年にアルバム『何処へ行く』で、インディーズデビューする。2001年にシングル「サニー」で、メジャーデビュー。略称は「バクホン」「バクホ」など。「KYO-MEI」という言葉をテーマとして、「聞く人の心をふるわせる音楽を届けていく」という意思を掲げて活動する。

メンバー

岡峰を除くメンバー全員が専門学校東京ビジュアルアーツ出身である。

山田将司(やまだ まさし、1979年10月8日 - )
ボーカル。茨城県出身。茨城県立土浦湖北高校出身。通称は「将司」。
THE BACK HORNにおいてのパートはボーカルのみだが、ギターやピアノ、ベース、ドラム、ハーモニカ、アコーディオン、トランペットと演奏できるマルチプレイヤーである。ベースが不在であった『人間プログラム』の時期には、レコーディングにおいてもベースを担当していた(メジャー2ndシングル「空、星、海の夜」を含む数曲)ほか、松田が朗読を担当する「天気予報」ではドラムを務めつつヴァースを歌った。
2009年に、『MUSIC ON! TV 10th Anniversary×SPEEDSTAR RECORDS Presents スペシャルドラマプロジェクト』として、スペシャルドラマ『東京タクシー』で俳優初挑戦にして初主演を務めた。当ドラマの主題歌「この手広げて」は山田の書き下ろしで、DVD『東京タクシー』初回版付属のCDに収録された。
2012年には、サントリー「鏡月」CMソング「きょう、きみと」(作詞:一倉宏、作曲:山田将司)がオンエアされ、2016年7月6日に配信限定リリースされた。
菅波の下宿にて同居生活を営んでいた時期がある。
『プロゴルファー猿』に影響されてプロゴルファーになりたい夢があった。
影響を受けたアーティストはBLANKEY JET CITY、eastern youth。学生時代にはBLANKEY JET CITYのシングル曲「ガソリンの揺れかた」をカバー。
菅波栄純(すがなみ えいじゅん、1979年10月16日 - )
ギター。福島県須賀川市出身。
通称は「栄純」、「栄ズン」、「ズン」など。
ほとんどの楽曲の作詞を担当。よりリアルな歌詞を書くために渋谷の路上に寝泊まりしたことがある。
趣味は読書。好きな作家は藤原新也で、愛読書は『メメントモリ』。
ライブ等ではアグレッシヴな動きをするが本人曰く「運動神経は悪い」。
2007年12月19日発売の睡蓮のファーストアルバム『音ヲ孕ム(ネヲハラム)』の楽曲「左手」「鶏頭」で客演。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:5,800円
20才以下限定指定席:4,200円

※金額はすべて税込

・20才以下限定指定席:20才以下チケットは、2019年4月1日段階で4才以上20才以下の方が対象になります。
 発券されるチケットは、【座席指定引換券】となり、ご入場前に【指定席券】との引換が必要となります。
 座席位置は2Fスタンド後方エリアにてランダムでの引換となります。
 指定席券への引換の際に年齢が分かる身分証明書を確認させて頂く場合がございます。
 対象外の方がご購入した場合、指定席券への引換並びにご入場、チケット代金の払い戻しは行いませんのでご注意ください。
2019年2月8日 (金)
日本武道館