CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 安田雅弘

安田雅弘

安田雅弘



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

安田 雅弘(やすだ まさひろ)は、演出家。劇団山の手事情社主宰。

東京生まれ。早稲田大学卒業。

1984年、大学在学中に劇団山の手事情社を結成。

2013年、ルーマニアのシビウ国際演劇祭で「特別功労賞」を受賞。

演劇活動

「演劇とは劇場体験にほかならない。劇場体験とは、つくり手の持つ抽象的なイメージを生理的に体感することである。その体験のためにすべての演劇的要素は奉仕すべきである。」という理念にもとづき、〈演劇の現代詩〉とも形容される独自の舞台作品を発表しつづけている。

1997年ころより「現代日本人の精神性を、矛盾をかかえた身体の制限された動きによって表現する」《四畳半》という様式の試みを展開させながら、独自の演技・演出法を貫く先鋭的な劇団として注目されるようになり、国内だけでなく、海外での評価も得ている。

また、《演劇的教養》の敷衍にも力を注いでおり、多数の委嘱公演の演出、全国でさまざまなワークショップの講師、全国高等学校演劇大会・同地方大会などコンクールの審査員をつとめている。

財団法人演劇人会議評議員。

主な劇団外作品

  • 1995年 - 『ロミオとジュリエット』水戸市芸術振興財団の委嘱で「水戸野外劇」を演出。
  • 1996年 - 『十二夜』水戸市芸術振興財団の委嘱で「水戸野外劇」を演出。
  • 1997年 - 彩の国・秋の舞台芸術祭作品『Fairy Tale』埼玉県芸術文化振興財団の委嘱で演出。
  • 1998年 - 『ゼウスガーデン衰亡史』BeSeTo演劇祭日本委員会の委嘱で演出。
  • 1999年 - リリック野外劇『夏の夜の夢』長岡市芸術文化振興財団の委嘱で演出。
  • 2000年 - リリック野外劇『じゃじゃ馬ならし』長岡市芸術文化振興財団の委嘱で演出。
  • 2001年 - チェーホフの夕べを企画・演出。作品は『創立記念日』『熊』。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。