お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

江口隆哉



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

江口 隆哉(えぐち たかや、1900年1月21日 - 1977年12月25日)は、青森県上北郡野辺地町出身のダンサー。本名、捨松。野辺地町名誉町民。

高田雅夫・せい子夫妻に師事。第二次世界大戦前に『都会』『創造』、戦後に『プロメテの火』『日本の太鼓』の代表作がある。月刊誌『現代舞踊』を創刊。著書に『舞踊創作法』がある。

来歴

1919年、函館商業学校(現・北海道函館商業高等学校)卒業後、小学校の教員となる。25歳で上京し演劇の道を進む。

1929年、高田雅夫・原せい子舞踊研究所に入所。

1931年、妻、宮操子(みさこ)とともにドイツに留学。マリー・ヴィグマン舞踊学校に在籍、ノイエタンツ (Neue Tanz)を学ぶ。

1933年 ベルリンのバッハザールで「手術室」ほか9作品を発表。同年帰国。

1934年「江口・宮舞踊研究所」を結成。ウィグマンのモデルヌ・タンツを最初に日本に紹介、日本のモダン・ダンス、教育舞踊に新風を吹き込んだ。当時、クラシックバレエが普及する以前、日本でモダンダンスが定着したのも江口隆哉、宮操子夫妻の功績が大きい。モダンダンスは門下生を通じて、体操や体育、幼児教育の遊戯にまで影響力を広げていった。

1935年、 研究誌「新興舞踊」創刊、大阪公演(10月)、東京公演「タンゴ」「スカラ座のまり使い」「波紋」(日比谷公会堂・11月)、物体舞踊の提唱。

1937年、満州公演、大連、奉天、撫順、新京、哈爾浜、吉林で巡演。

     新興舞踊公演会 (大阪、名古屋、京都)  

1939年, 陸軍恤兵部の依頼により、教え子を連れて満洲(中国)、シンガポール、マレーシア等の前線地で慰問公演を行う。

・第一回 1939年 南支 (中国南部)(広東拠点) 

・第二回 1940年 中支 (中国中部)(漢口拠点)

・第三回 1941年 中支 (中国中部)(漢口・九江拠点)

・第四回 1942年 ビルマ、タイ、マレーシア、インドネシア(昭南島 (シンガポール) 拠点)

1940年、紀元二千六百年奉祝芸能祭(9月、日本文化中央聯盟主催、東宝劇場)(深井史郎作曲、「日本」三部曲第一部「創造」)。

1947年、「エゴザイダー」「二人の狂想曲」「リンゴのたねが歌う哀れな身の上の歌」「黒い翼」「吼える肉体」(帝劇・12月)。

1948年, 日本女子体育短期大学(現在は日本女子体育大学体育学部の運動科学科舞踊学専攻)の講師に就任、のちに舞踊科設立で初代学科主任に任ぜられる。日本の高等教育機関にダンス専攻が設けられた最初であった。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。