お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

高橋一生



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

高橋 一生(たかはし いっせい、英語: Issey Takahashi、1980年12月9日 - )は、日本の俳優、歌手。

所属事務所は舞プロモーション。所属レーベルはユニバーサルシグマ。

弟はnever young beachの安部勇磨。

来歴

幼少期にふさぎがちだったのを見ていた祖母が様々な習い事をさせてくれたが、続かなかった。しかし、習い事のひとつであった児童劇団の発表会で祖母が喜んでくれているのを見て、感動したという。

1990年の映画『ほしをつぐもの』で映画初出演。1995年、スタジオジブリ製作のアニメーション映画『耳をすませば』では主要キャラクター・天沢聖司の声を演じた。2001年から劇団扉座に入団し、舞台『フォーティンブラス』で準主役デビュー。

2015年のテレビドラマ『民王』で貝原茂平役を演じ、第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞と第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でそれぞれ助演男優賞を受賞。2016年に放送されたスペシャルドラマのうちの1本『民王スピンオフ〜恋する総裁選〜』とネット配信限定の番外編ドラマ『民王番外編 秘書貝原と6人の怪しい客』で主役となり、『民王 スピンオフBOOK【貝原編】』も発売された。

2017年にはテレビドラマ『カルテット』に出演するとともに、NHKでは大河ドラマ『おんな城主 直虎』、連続テレビ小説『わろてんか』に準主役級で相次いで出演。同年3月には女性誌『an・an』のヌードグラビアに登場する。2017上半期ブレイク俳優ランキング(オリコン調べ)において、10代から50代までの男女対象の世代別ランキングでもすべて首位となる。『おんな城主 直虎』の小野但馬守政次役の芝居ではザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞などを受賞し、視聴者に「政次ロス」をもたらしたとされた。

2018年、『僕らは奇跡でできている』(2018年10月 - 12月、関西テレビ・フジテレビ系)で民放ゴールデン・プライム帯テレビドラマに初主演。

2018年10月期から2019年4月期の間、3期連続で連続ドラマの主演を務めた(『僕らは奇跡でできている』、『みかづき』、『東京独身男子』)。『東京独身男子』(2019年4月 - 6月、テレビ朝日)では、主演を務めるだけでなく主題歌も担当し、これが正式な歌手デビュー作となった。

2019年9月、音楽番組『The Covers』に東京スカパラダイスオーケストラのゲストヴォーカルとして出演し、初の音楽番組出演となった。東京スカパラダイスオーケストラと共にエレファントカシマシの楽曲「俺たちの明日」を歌唱し、CMソングにもなっていた「Paradise Has no border」をブルースハープで演奏した。

人物

東京都港区赤坂で長男として生まれ、母親が3度の結婚をしたため、ミュージシャンの安部勇磨(三男)を含めて4人の異父弟がいる。1番年の離れた弟との歳の差は18歳であり、弟たちに対しては赤ん坊の頃からおむつを替えるなどの世話をし、成長してからも家計簿を付けさせるなど父親代わりの役目もしていた。母親は2015年に没したが10年ほど不仲で、癌で亡くなる1週間前にようやく対面して和解、最期を見送った。

特技はスケートボード、バスケットボール、ギター、ブルースハープ。自宅にある家具や植物には名前を付ける。

好きなお笑い芸人として、FUJIWARA・原西孝幸の名前を挙げる。

出演作品


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。