お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

志村文彦



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

志村 文彦(しむら ふみひこ)は、日本の声楽家(バスバリトン)。

経歴

山梨県市川三郷町出身。山梨県立市川高等学校出身。武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。

落合節子、藤田昌克、A・ボッティオン、V・テッラノーヴァに師事。

1991年度(平成3年度)文化庁インターンシップ研修員。二期会 モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』騎士長役でデビュー。オペラでは出演歴がきわめて多く、昭和音楽大学オペラ情報センターだけでも84回の出演歴が記録されている。2018年(平成20年)には黛敏郎『金閣寺』道詮和尚役でフランス・デビューを果たした。今後は2020オペラ夏の祭典ワーグナー『ニュルンベルクのマイスタージンガー』に出演予定であったがCOVID-19の影響で延期・未定となっている。

また、NHK交響楽団定期演奏会シェーンベルク『グレの歌』をはじめ、宗教曲ではモーツァルト『レクイエム』、ヘンデル『メサイア』、バッハ『ロ短調ミサ』、ドヴォルザーク『スターバト・マーテル』、ベートーヴェン『ミサ・ソレムニス』に出演。そのほか、『第九』、マーラー交響曲第8番『千人の交響曲』等にソリストとして主要オーケストラと共演している。

二期会会員、日伊音楽協会会員、日本演奏連盟会員、啓声会(高橋啓三を会長とする会)会員。

二期会代議員。二期会オペラ研修所 声楽講師。東京音楽大学専任講師。

受賞歴

  • 第27回日伊声楽コンコルソ第1位入賞
  • 第62回日本音楽コンクール入選
  • 第1回藤沢オペラコンクール奨励賞
  • 第22回イタリア声楽コンコルソ・ミラノ部門金賞

主なディスコグラフィー

  • J.ブラームス ジプシーの歌/愛の歌 指揮:畑中良輔、ソプラノ:大島洋子・平松英子、アルト:菅有実子・永富啓子、テノール:藤川泰彰・星洋二、バス:志村文彦・堀野浩史、ピアノ:久邇之宜・谷池重紬子(2002年12月18日)ビクターエンタテインメント VICC-60315

脚注・出典

外部リンク

  • Researchmap 志村 文彦