お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

朝海ひかる



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

朝海 ひかる(あさみ ひかる、1972年1月24日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団雪組トップスター。

梅田芸術劇場所属。宮城県出身。血液型O型。身長166cm。愛称は「コム」。

略歴

幼少期からモダンダンスやクラシックバレエを習っており、踊ることが好きだった。高校の音楽の先生に勧められて受験した。

それまで、将来は語学を習ってスチュワーデスになりたいと思っていたという。「後々の話のタネにでもと受験して、せっかく合格したんだから入ろうかと」とのこと。

1991年、77期生として宝塚歌劇団に入団する。初舞台は月組「ベルサイユのばら-オスカル編-」。同期生に安蘭けい(元星組トップスター)、春野寿美礼(元花組トップスター)、花總まり(元宙組トップ娘役)、成瀬こうき(元専科男役スター)など。

芸名は、「父親のひらめきで出てきた名前」だという。「けっこう投げやりに決めたんです。でも、朝の海が光っていていいじゃないか、縁起がいい名前で覚えやすいといわれます。今では、あの時の父のひらめきは正解だったのかなと思っています」と語っている。1992年、春野らとともに花組に配属される。花組配属後はダンサーとして頭角を現し、1994年には最下級生でロンドン公演に参加する。

1998年、新設された宙組に異動する。『エリザベート』では皇太子ルドルフ役に抜擢された。

1999年、雪組に異動する。当時のトップスター轟悠のもと、安蘭、成瀬と共に同期生トリオ(雪組三兄弟)として注目を集める。2000年には『凱旋門』役替わり公演で初主演をはたす。2002年、『風と共に去りぬ』でスカーレットを演じ、3度目の女役。

同年、絵麻緒ゆうの後任として雪組トップスターに就任。新人公演の主演経験がない唯一のトップスターである。花組出身者のトップスターは1985年就任の平みち以来、17年ぶりだった。相手役に花組時代の後輩である舞風りらを迎え、ダンサーコンビとしてスタートした。

2006年12月24日、『堕天使の涙/タランテラ』東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団した。その後、主に舞台で女優として活動している。

人物・エピソード

在団中は、仙台市の菓子メーカー「菓匠 三全」の製造している「萩の月」のイメージキャラクターをつとめていた。また、「みやぎ夢大使」も務めている。

一時期ショーの一部のシーンでの娘役に扮した美しさが好評で、劇団内で「娘役に転向させたらどうか」という案がありそのことが一部の新聞などの記事にのってしまったということもあったが、宝塚歌劇団の脚本・演出を手がける植田紳爾が「ベルサイユのばらのオスカルをやらせたい」という夢がありその案を阻止したという事がある。

2011年、東日本大震災で出身地の宮城県が被災したことを受けて、朝海ひかる〈ふるさと義援金〉を設立した。

宝塚歌劇団時代の主な舞台


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:13,500円(全席指定・税込)

※各公演出演者が異なります。必ずキャストスケジュールをご確認の上、ご予約をお願い致します。
2020年3月1日 (日) 〜
2020年3月28日 (土)
東急シアターオーブ