お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

置鮎龍太郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

置鮎 龍太郎(おきあゆ りょうたろう、1969年11月17日 - )は、日本の男性声優、ナレーターである。青二プロダクション所属。血液型はO型。

妻は声優の前田愛。

経歴

1969年福岡県に生まれ、小学校3年生の時に親の仕事の都合で大阪府に転居する。父親は置鮎が生まれる前に映画会社に勤めていた時期があり、昔の同僚からアニメのポスターやセル画をもらってくることがあった。その環境から1つ年上の姉とともにアニメが好きで、劇場用アニメのレコード・ドラマなどをよく一緒に聞いたという。姉は、アニメに関わっていた時期もあるほど絵の分野で長けていたが、置鮎は絵を描くことよりキャラクターの声真似で遊ぶことに楽しさを見出し、「台詞をしゃべることがおもしろいことだ」と感じるようになる。高校1年生の頃に「声優をやってみたい」と考えはじめ、養成所の資料を取り寄せたりするようになったが、経済面から卒業後にしようと思い高校時代はお金を貯めるためにアルバイトをはじめる。しかし、お金は他のことに使ってしまっていたため、結局親から借りて養成所に通うことになった。親からは、大学に行くことを勧められたが、目的がなかったため養成所に行くことを決めていた。当時、大阪にはほとんど養成所がなかったなかでオーディションを受け青二塾大阪校に入塾。塾内選考で青二プロダクションのオーディションに合格し、大阪から上京する。合格通知を貰った時は泣いたという。上京当初は、東京にいた従兄弟の所に上がり込み、部屋を探した。

声優としての初めての仕事は予備校のラジオCM、および花の万博会場を徘徊するリモコンロボの声だとしている。アニメでの初仕事は『ドラゴンクエスト』のリリパット役。『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』のフランツ・ハイネル役で初レギュラー。初主演はOVA『ダークキャット』である。テレビアニメでは『地獄先生ぬ〜べ〜』の鵺野鳴介役が初主役となる。ぬ〜べ〜は当時の置鮎の「集大成の役」であり「目いっぱい自分を出せた役」、「自分と年齢が近く自然に演じられた」と語っており、終わると聞いたときは泣いてしまったという。

『機動戦艦ナデシコ』では「ZMAP」(伊藤健太郎、真殿光昭、川上とも子、南央美)、『卒業M』では「E.M.U」(石川英郎、神奈延年、阪口大助、緑川光)、『テニスの王子様』では「青酢」(甲斐田ゆき、近藤孝行、皆川純子)、「眼鏡's」(木内秀信、津田健次郎)、「GIGS」(皆川純子、諏訪部順一、楠大典)、「イケメン侍」(皆川純子、諏訪部順一、永井幸子、楠大典、新垣樽助、細谷佳正)と、出演作品関連のユニットに複数参加している。

人物

苗字の読みは「おきあゆ」と思っていたものの、本来の読みは「おきあい」だと親戚から指摘を受け、父親に問いただしたところ、父親が結婚する際に「おきあゆ」に変えたということが判明した。

音域はA〜E♯。

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1990年
  • ちびまる子ちゃん(少年の兄、キヨシ、井上)
  • ドラゴンクエスト 勇者アベル伝説(リリパット)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
指定席:8,800円
(全席指定・税込)
2018年12月16日 (日)
パシフィコ横浜
国立大ホール

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
指定:6,800円(税込)

【ご注意】
★カード決済のみ。12/9(日)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2018年12月23日 (日)
カルッツかわさき
ホール