お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

広上淳一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

広上 淳一(ひろかみ じゅんいち、1958年5月5日 - )は、日本の指揮者。東京音楽大学教授。京都市立芸術大学客員教授。東京都生まれ。

人物・来歴

  • 1977年、湘南学園高校音楽コース卒業。
  • 1979年、東京音楽大学入学。指揮を汐澤安彦、作曲を尾高惇忠に師事。
  • 1982年、第17回民音指揮コンクール(現・東京国際指揮者コンクール)入選、日本指揮者協会奨励賞を受賞。この時の1位は十束尚宏、2位に大野和士、3位小田野宏之、入選者に山下一史という、才能豊かな若手が多数参加していた。このコンクールの本選が日本フィルハーモニー交響楽団との初共演。
  • 1983年、東京音楽大学卒業と同時に名古屋フィルハーモニー交響楽団アシスタント・コンダクター就任。外山雄三の下、1年間同ポストを務める。この名古屋フィルアシスタント・コンダクター・オーディションの最終選考には、広上以外にもう1人、当時京都市立芸術大学フルート科に在学中の佐渡裕が残り、ポストを争った。
  • 1984年、第1回キリル・コンドラシン国際青年指揮者コンクールで審査員全員一致により優勝。同コンクールの審査員の一人であったウラディーミル・アシュケナージの推薦で、翌1985年に「アシュケナージ=N響 ピアノ協奏曲コンサート」でNHK交響楽団を指揮して日本デビュー。
  • 1986年以降、キリル・コンドラシン国際青年指揮者コンクールの優勝によって、フランス国立管弦楽団、ベルリン放送交響楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、バイエルン放送交響楽団などヨーロッパのオーケストラへの客演が始まる。
  • 1988年、日本フィルハーモニー交響楽団東京定期演奏会で、マーラーの交響曲第6番を指揮、日本フィルへの正式デビューを飾る。
  • 1989年、バリー・ダグラスのピアノの伴奏でロンドン交響楽団と初録音(リストのピアノ協奏曲集)。以降、RCA、BIS、ファンハウス、DENON、キングレコードなどから30枚近いCDを発売。
  • 1989年、シドニーのオペラ・オーストラリアでヴェルディの『仮面舞踏会』を指揮。初めてのオペラ指揮となる。
  • 1991年7月7日、朝比奈隆の代役で、ウィーン・コンツェルトハウス大ホールで行われたウィーン交響楽団特別公演を指揮。これがウィーン・デビューとなる。
  • 1991年 - 1995年 ノールショピング交響楽団首席指揮者。同楽団とは1994年9月、日本ツアーを行い10公演を指揮。
  • 1991年 - 2000年 日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者。
  • 1994年度渡邉暁雄音楽基金音楽賞受賞。
  • 1997年 - 2001年 ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者。
  • 1998年 - 2001年 マーストリヒト・リンブルフ交響楽団首席指揮者。
  • 2001年から半年の休養を宣言し、全てのポストを辞任。活動停止は複数年に及んだ。その後、フリーとして各地のオーケストラへ客演し活動を再開。

  •  

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。