お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

熊谷和徳



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

熊谷 和徳(くまがい かずのり、1977年3月30日 - )は、日本のタップダンサー。宮城県仙台市出身。ニューヨーク大学卒。

2009年に歌手のカヒミ・カリィと結婚。一女の父である。

人物

映画『タップ』に衝撃を受けて、15歳からタップダンスを始め、19歳でニューヨークへ単身渡米。VISAの関係で出演することはできなかったが、ブロードウェイのショウ「NOISE/FUNK」のオーディションに合格した。

同時期、グレゴリー・ハインズに出会う。その後、NYの地下鉄、ストリートからニッティングファクトリーのようなJAZZ CLUBまで独自の活動を広げ、NYタップフェスに9年連続出演。

ニューヨーク・タイムス等にも取り上げられ、老舗のニューヨーク情報紙、Village Voiceでは『日本のグレゴリーハインズ』と評された。

2006年、米ダンスマガジンにおいて『観るべきダンサー25人』のうち一人に選ばれた。同年、MIHARA YASUHIROミラノ・コレクションの音楽を、全てタップダンスの音で演出した。

また、日野皓正、coba、上原ひろみ、金森穣、ハナレグミ、DJクラッシュ等とのセッションも提示している。

2007年から2009年にかけて、タップのルーツであるアフリカ・セネガルや、パリ、ドイツで活動。

2009年、女性歌手のカヒミ・カリィと結婚。

2010年8月31日、東京フィルハーモニー交響楽団と共演「REVOLUCION」した。

2011年、バンド「K.K.QUINTET」を結成し、リーダーを務める。

2012年、文化庁の助成を受けニューヨークに拠点を移す。

2014年、ニューヨークで毎年開催される「NATIONAL TAP DANCE DAY」にて、日本人初のフローバート賞を受賞。

同年9月、Bunkamura オーチャードホールにてソロ凱旋公演を実施。

現在はNYと日本を拠点に、舞台とワークショップを開催している。

出演


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。