お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

バイク川崎バイク



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

バイク川崎バイク(バイクかわさきバイク、1979年12月17日 - )は、日本の男性お笑い芸人(ピン芸人)。本名は川崎 史貴(かわさき ふみたか)。通称はBKB(ビー・ケー・ビー)。

兵庫県加古川市出身。吉本興業所属。大阪NSC26期生。

来歴

2000年に、兵庫県の姫路理容美容専門学校を卒業後、美容師となる。美容師時代は3年間、無遅刻無欠勤だったが、美容師としてのセンスがないことや、ひどい手荒れに悩んでいる時に、地元の友人に誘われ、2003年に大阪校26期生としてNSCに入学。美容師はちょうどスタイリストになったタイミングだったが退職。地元の友人とのコンビ「100デシベル」はNSC在学中にほどなく解散、その後、「街の帽子屋さん」というコンビを結成するも約3年ほどで解散。街の帽子屋さん時代は相方がネタを作り、川崎自身も「天才の相方に付いて行けば何とかなる」と思っていたので、解散を切り出された時はショックだったという。

その後もピン芸人や「繭」「ラブソング」などのコンビを繰り返し2007年4月から本格的にピン芸人「バイク川崎バイク」として活動している。また相方もピン芸人兼構成作家「帽子屋お松」として活動している。

「バイク川崎バイク」という芸名は、相方と公園で解散の話をしているときに、「“川崎”といえばバイク」という連想から、また偶然その公園にカワサキのバイクが駐輪されていたことから、相方に付けてもらった。なお、当時本人は中型バイクの免許は持っていて乗っていたが、特にバイクが好きでも詳しいというわけでもなかった。2015年の時点でもバイクの免許は持っているが、バイク本体は持っていない。ちなみに初めて買ったバイクはホンダ・ディオ。その後はヤマハ・ビラーゴ250。後述のとおりカワサキ車を所持していた時期もあり、2018年にはホンダ・CB250を手に入れた。

芸人としての初仕事は2004年、なんばグランド花月地下1階の『吉本笑店街』で、仏像の被り物を被って、小銭を入れられたら出て来て一発ギャグを披露するというもの。テレビ初出演は2007年の『オールザッツ漫才』(毎日放送)だった。

2012年頃から、毎年、ネクストブレイク芸人候補として言われているがブレイクしきれていない。2014年のR-1ぐらんぷりで決勝進出した時もブレイクとまではいかなかった。しかし劇場や営業、ラジオなど仕事は事欠いておらず、2015年5月のイベントで、月収が52万円で意外ともらってる芸人ですと告白した事が話題となった。

2013年7月21日に自身初となる笑いの殿堂なんばグランド花月にて、単独ライブ「バイク単独バイク in NGK〜ビンタ、急に、ビンタ〜」を開催。819席を満席にし「バイク王ダイレクトSHOP」よりカワサキのバイクがプレゼントされた。なお、このときもらったバイクは上京するときに、方向音痴だし東京では乗らないので手放したという。ちなみに2014年、2015年も、なんばグランド花月での単独ライブを成功させている。

同じく2013年にTVバラエティー露出が急増し、きゃり〜ぱみゅぱみゅとバイト情報誌anのCMに出演し、知名度を徐々にあげていく。

2014年、ピン芸人の賞レース、Rー1ぐらんぷり2014にてエントリー総数3,715名からファイナリスト12名に残り、決勝進出を果たす。

同年、2014年5月に大阪から東京に活動拠点を移す。

2020年、新型コロナウイルスによる自粛生活の中で、毎朝8時19分(バイク)に作品投稿サイト「note」にアップしていたショートショートが話題を呼び、『BKBショートショート小説集 電話をしてるふり』として書籍化された。帯には、川崎自身が「ばな姉」と慕う作家・吉本ばなながコメントを寄せた。

芸風

何でも略したらBKB(ベッドで急に爆睡など)になるネタなどがある。ネタの中では『BKB』というフレーズを巧みに使い、身の回りの事を何でも『BKB』にして表現し、最後に両腕を広げて「ヒィーーーアッ」と叫び、身体でBKB文字を作りながら「ススス!」と言う。他に主なセリフには「今日もアクセル全開でがんばります、バイクだけにブンブン」などがある。最初は人間を笑い殺す妖怪ひょうすべ、行司の人などのキャラクターで、バイクとは関係ないキャラコントなどをやっていたが、見た目を派手にしたいとサングラスにバンダナ、赤い袖のロングTシャツなどというスタイルが徐々にできあがり、ギャグについてはデビュー3年目頃に和牛の水田信二から「バイクやんけ、ブンブン」などといじられて来たことから自分のネタに取り入れ、先輩がブログで自分の芸名を「BKB」と略しているのを見て、「何でも略してBKB」というネタができあがっていった。また、トレードマークのラグランTシャツのデザインをカワサキのバイクではなく、ハーレーダビッドソンにしてしまうという致命的なミスをおかしている。

毎年行う単独ライブではおなじみのBKBネタ以外に、一人コントも多数披露しており、BKB目当てで訪れた一見客はBKBを言わない一人コントに最初は戸惑うという現象があるが、実は東京03やバナナマン、バカリズム、劇団ひとりが大好きなBKBは、単独くらいは幅を見せたいという思いでやり続けている。毎年の東京、大阪の単独ライブは満員御礼となっている。また、近年のRー1ぐらんぷりでは、BKBを封印し、コントで数回、準決勝進出も果たしている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。