お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

ジャルジャル



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ジャルジャルは、後藤淳平と福徳秀介からなる日本のお笑いコンビ。2003年にコンビ結成。NSC大阪校25期生。吉本興業東京本社所属。キングオブコント2020王者。M-1グランプリ2010、2015、2017、2018ファイナリスト。

メンバー

  • 後藤 淳平(ごとう じゅんぺい 1984年3月20日 - )(37歳)主にツッコミ担当
大阪府吹田市出身。身長177cm。体重65kg。血液型AB型。立ち位置は向かって左。
  • 福徳 秀介(ふくとく しゅうすけ 1983年10月5日 - )(37歳)主にボケ担当
兵庫県芦屋市出身。身長175cm。体重65kg。血液型O型。立ち位置は向かって右。

来歴

出会い

1999年4月。出会いは関西大学第一高等学校のラグビー部。元サッカー部の福徳は日焼けしており、後藤に初めて会った時、真っ白の練習着の胸部分に書かれた自分の名前を指差し、「俺、福徳、よろしく!」と握手を求めた。後藤のそんな福徳に対する第一印象は「吉田栄作みたいな高校生」だった。部員が多かったこともあり当初はほとんど話さなかったが、一年生の時の夏合宿で福徳が練習中に鎖骨を骨折し、一番暇そうにしていた後藤が病院に付き添うことになり、これを機に急速に距離が縮まっていった 。二人ともクラスでは目立たないタイプで、当時から笑いの感性が同じだった。高校3年間でクラスこそ同じにはならなかったが、休み時間になれば保健室へ直行して2人で喋ったり、保健室の先生を笑わせたりすることが楽しみとなっていた。また、授業中にメールを送り合って笑い合ったり、「紙に一言だけ書いて11時になったら見る」という遊びをしたりして、やがて漫才の台本を作るようになった。初めて作ったネタは漫才であり、テープに吹き込んで2人で15分程度喋りそれを聴いて大笑いしたり、校庭の隅でネタ合わせしたりしていたという。高校2年生の終わり頃からお互い芸人を目指そうという話をしていた。

共に部活で忙しくテレビをほとんど見ておらず、バラエティが自由で楽しい時代を知らない。お笑いで唯一ハマったのがふかわりょうの一言ネタ本で(後藤は幼少から嘉門達夫が好きで家族ぐるみで触れており、共にお笑い番組は『吉本新喜劇』は好きだったが他の当時流行っていた番組含めそこまでハマらず内容の意味も理解していなかった)、ダウンタウン台頭以降のお笑い芸人の中では珍しくダウンタウンの影響を受けていないコンビであり、『ダウンタウンのごっつええ感じ』についても「小学生の時に見ていたが当時は意味が分からずハマらなかった。そのおかげで二人とも影響されずオリジナリティを追求出来た。」と福徳は述懐した。

コンビ結成

2002年4月。高校卒業後、大学進学と共にNSC大阪校(25期)へ入学。25期は前年の第一回『M-1グランプリ』の影響からか入学者が700人(銀シャリによると900人)くらいおり、入学式の会場のなんばグランド花月が満員だった。福徳は大学に進学せずにNSCに入ろうとしたが、母親に止められた。NSCに入るかどうか迷っていた後藤に「やろう」と誘ったのは福徳だが、集団面接を前にして福徳が不安になり「やめようか」と言った時に「やろう言うたやんけ」と後藤が止めた。当時の講師の本多正識は、ジャルジャルの二人に“上品な子たち”という印象を受け、「言葉遣い、表情、所作、小道具の扱い方等々、端々に上品さが伺え、NSCにはあまりいないタイプ」だったという。その印象を裏付けるように現在でも一貫して、ジャルジャルは「死ね」というツッコミはしない。また、ネタ見せの授業には必ず出席する優等生だった。

コンビ名の由来は、後藤の家で電気を消して寝転がりながらコンビ名を考えている時に、響き重視で“ジャルジャル”と“ジョロジョロ”を思いつき、最終的に文学部の福徳が受けていた大学の語学の授業中に“ジャルジャル”に決定した。他の候補には、「ナプラコッテ」「ノーコン太郎」があった。略称がJAL(ジャル)である日本航空グループと関係はないが、営業などの掴みとして、「2人とも親がパイロットやったからですよ〜嘘ですけど」や「蛇口から水が出ていた」といった作り話を話していた時期もある。

NSC時代にM-1グランプリに挑むも一回戦で敗退。授業でネタ見せあるのに対し、落ちたネタしかストックがなく、高校時代の保健室で遊んでいた雰囲気で適当に遊び半分のコントみたいなものをやっていった結果、ネタを漫才からコントへシフトしていった。当初漫才のネタは後藤が作っており捻り出すように作っていたが、2人でコントのネタを作るようになると息をするように作れるようになった。NSC卒業公演では、プラス・マイナスとジャルジャルが司会を務めるなど当時は彼らが25期の2強だった。当時から型にハマらないスタイルでダウンタウンの再来と称され、2020年10月21日放送の『水曜日のダウンタウン』では、銀シャリから同期一の天才と称された。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。