CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 笠井叡

笠井叡

笠井叡



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

笠井 叡(かさい あきら、1943年11月25日 - )は、日本の舞踏家、振付家、オイリュトミスト。

概要

1943年、三重県生まれ。明治学院大学経済学部卒業。父の笠井寅雄は札幌高等裁判所判事などを歴任した裁判官だったが、洞爺丸事故で死去。

江口隆哉と宮操子にモダンダンスを、ジャン・ヌーボにパントマイムを、千葉昭則にクラシック・バレエを学んだのち、大野一雄の門を叩く。そこで土方巽と出会い、ともに前衛舞踊活動を始める。土方巽の「バラ色ダンス??A LA MAISON DE M. CIVECAWA(澁澤さんの家の方へ)」などに出演した。また、ヨガ、パントマイムなども学ぶ。「タンホイザー」など多数の舞踏作品を発表。

神秘主義への造詣が深く、グルジエフ、シュタイナー、ウスペンスキー、バタイユ、密教、神道、古インド神秘思想、キリスト教神秘主義など多岐に渡って探求し、その理論的な成果に「天使論」がある。

1979年より1985年までドイツ留学。帰国後、オイリュトミーとダンスを平行して精力的に活動を続けている。

1971年、武蔵国分寺跡近くの自宅の庭に「天使館」と名付けた個人スタジオ形式の稽古場を開設。以来渡独期間を除き、ここで舞踏やオイリュトミーを教授してきた。2005年、天使館はより学校に近い形式で再スタートを切った。

2014年、『日本国憲法を踊る』により芸術選奨文部科学大臣賞舞踊部門受賞。

ダンス理論(ダンス思想)

  • 「舞踏」はジャンルや様式ではなく、むしろ「身体に向かう態度」であり、「ようするに、舞踏というのは意識を変容させるものであって、形をつくるものではない」、たとえばニジンスキーは「牧神の午後」以降は「舞踏」であり、それ以前はバレエであったと語る(『土方巽の舞踏』慶應義塾大学出版会、62ページ)。

エピソード、伝説

  • 本人いわく「ダンスを始めたのは、18歳のとき人から薦められたから」(笠井本人からの聞き書き)
  • 1970年代に行われた「ソドムの120日」という公演で、弟子の山崎広太が師匠である笠井を食う演技をみせた。ドイツ留学は、山崎の力量にショックを受けたため、という噂がある(広く知られた噂。複数の舞踏関係者から聴取)。
  • よく似た背格好の女性ダンサー二人を起用した作品を好んで作る(初期天使館メンバーからの聞き書き)。
  • 自宅の池を埋め立てて「天使館」を建てた。(笠井本人からの聞き書き)
  • ドイツ語は堪能だが、英語はほとんど話せない。(笠井本人からの聞き書き)
  • 長男は写真家・笠井爾示、次男はオイリュトミスト笠井禮示(笠井禮示オイリュトミー)、三男はコンテンポラリー・ダンサー笠井瑞丈である。
  • 詩人吉岡実は笠井叡のファンのひとりであった。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。