お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

山田能龍



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山田 能龍(やまだ よしたつ、1976年4月8日 - )は、日本の脚本家・演出家である。劇団山田ジャパン主宰 。大阪府出身。株式会社acali所属。

人物

劇団『山田ジャパン』主宰。全作品の脚本・演出を手掛ける。近年はTVドラマへの執筆も数多く行う。また、アーティストのライブツアーやPVの演出、ラジオ番組の構成、映画監督など活躍の場を広げ、多方面から注目を集めている。

2008年6月に『ゲーセン下ル』(作・演出 山田能龍)で日本演出者協会主催の若手演出家コンクール2007で優秀賞を受賞。この時のメンバーとともに山田ジャパンの主宰として劇団を本格始動させる。

主な作品

テレビドラマ

  • 2019年 Netfrix配信予定『全裸監督』(脚本)
  • 2018年 Amazonプライム『東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜』(脚本)
  • 2018年 テレビ東京 Amazonプライム ドラマ24 『電影少女』(脚本)
  • 2017年 TX『100万円の女たち』(脚本)
  • 2017年 NTV・YTV『脳にスマホが埋められた!』(脚本)
  • 2017年 TX『新宿セブン』(脚本)
  • 2016年 CX・KTV『50キュン 恋愛物語』(脚本)
  • 2014年 TBS『この恋で私は生まれた〜 3139溝端家物語』(脚本)
  • 2011年 BS朝日『家族法廷』(脚本)

映画


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。