お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

黒田勇樹



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

黒田 勇樹(くろだ ゆうき、1982年4月23日 - )は、日本の俳優。東京都世田谷区出身。元cube所属。2010年にフリーランスとなってからは、ハイパーメディアフリーターの肩書きでインターネット上で活動の幅を広げ、ニーサンの愛称で親しまれた。2015年末に映画監督としてゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016への正式出展が決定、事務所もしぃぼるとぷろだくしょん所属となる。

略歴

1歳からモデルとしてCMや雑誌に出る。1988年にNHK大河ドラマ『武田信玄』で信玄の孫・武田信勝役で、俳優デビュー。1990年に帝国劇場のミュージカル『オリバー!』で2792倍の難関を越えて主役のオリバーに抜擢、8歳の帝国劇場最年少主役となる。

1995年、ドラマ『セカンド・チャンス』に堂本剛の弟役として出演し、平均視聴率16.7%を記録する。

1998年、山田洋次監督の『学校III』に小島富美男役として出演。同作でキネマ旬報賞新人男優賞、日本映画批評家大賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞、全国映連賞男優賞を受賞。

2004年、映画『劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE』にて、志村純一 / 仮面ライダーグレイブを演じる。後に、同作の原作であるテレビドラマ『仮面ライダー剣』の終盤に出演。2009年にはテレビドラマ『仮面ライダーディケイド』に出演し、先述の映画『仮面ライダー剣』の志村純一同様、仮面ライダーグレイブに変身する「海東純一」を演じる。

フリーランスとなって以降、“ハイパーメディアフリーター”として、メルマガ配信やネット配信番組で活躍の場を拡大し続けつつも食肉加工工場でアルバイトをしていた。Twitterを頻繁に更新しており、ファンとの交流は続けている。2012年1月には黒田がTwitter上にて拡散させた「メールマガジンの読者を増やすために流行のステルスマーケティングに挑戦している」という趣旨の冗談とその顛末がTogetterにまとめられて反響を呼び、翌月に行われた「つぶやきメディアサミット2012」でツイートエンターテインメント部門賞、および年間大賞であるゴールデントゥギャり大賞を受賞した。

2012年8月1日、中村瑠衣と7月10日に結婚したことを発表。併せて日本初の映画に特化したクラウドファンディングサービス 『FiRoom』を利用し特撮映画「メンタルヒーローJ1」(仮)で監督デビューすることを発表した。

2012年8月30日妻・中村瑠衣がDVの被害に遭っていることをtwitterで暴露し2013年1月12日には警視庁へ被害届を出している。一方、黒田側も妻からDVを受けていたと反論。2013年5月27日離婚を正式に発表。

その後、ワークショップなどでの演技指導と映像制作を経て2014年1月、声優のIKKANよりの誘いで舞台復帰。中小規模の劇場ではあるが劇場主宰の演劇賞を受賞、映画監督飯田譲治の初舞台化作品への出演など2年間で20本以上という驚異的なペースで舞台出演を重ねる。

また『仮面ライダー剣』で共演した椿隆之、杉浦タカオやウチクリ内倉、斎藤このむたち同年代の役者たちと演劇ユニットサーティワンアイスクリーマーズを結成し活動している。

2015年末にしぃぼるとぷろだくしょんに所属。

2016年2月のゆうばり国際ファンタスティック映画祭に監督作品が出展される。

出演

テレビドラマ

  • 武田信玄(1988年、NHK大河ドラマ) - 武田信勝 役 デビュー作
  • 高速戦隊ターボレンジャー(1989年4月1日、テレビ朝日) - ヒロシ 役(ゲスト出演、第6話)
  • 刑事貴族(1990年11月9日、日本テレビ) - ゲスト出演(第20話)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。