お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

角野卓造



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

角野 卓造(かどの たくぞう 1948年8月10日 - )は、日本の俳優、声優。本名は同じ。

東京都出身。学習院大学経済学部経済学科卒業。文学座所属。マネージメントはUAM株式会社。

血液型O型。妻は女優の倉野章子。

来歴

東京生まれ、大阪育ち。角野家は広島県呉市の出で、父親は元広島県会議員。戦前は過激な右翼青年で、県議時代は広島抗争の時期でもあり、実家を舞台に美能幸三の手打ち式が行われたこともある。卓造も幼稚園に上がる前の一年間呉市で育った。母親は東京千駄ヶ谷の医者の娘。長男が呉の自宅分娩で亡くなったため、母方が次は絶対に病院でと心配し卓造は叔父が勤務医をしていた慶応病院で生まれた。生後二年間、東京の母親の実家に預けられた後、広島に戻り、父が二度目の県議選に落ち実家の海運業を潰し、両親とともに大阪の北浜に出て幼稚園と大阪市立愛日小学校に通う。父の転勤で中学から東京に移り、千代田区立麹町中学校入学。当時は麹町中学校→都立日比谷高等学校→東京大学法学部から大蔵省入省がエリートコースであったが、麹町中学二年のとき、卒業生を送る予餞会でたまたま芝居をやったところ、学友や担任の先生から「芝居が上手い」と褒められ、演劇部からスカウトを受ける。そこから演劇に夢中になり、それまでは日比谷高校合格ラインにいたが、成績は急降下した。同中学卒業後、学習院高等科に進学。高校時代はみゆき族だった。

1967年(昭和42年)に学習院高等科から学習院大学経済学部経済学科に進学し、1971年(昭和46年)に卒業。学習院高等科および学習院大学では演劇部に所属していた。演劇部の先輩に篠沢秀夫・児玉清・細川俊之、後輩には黛りんたろう・大森博史・宮田慶子・田中明生がいる。大学在学中に状況劇場の唐十郎と出会い、小劇場でのアングラ演劇に目覚める。一度は、自分で作ったばかりの学習院大学演劇部のアトリエを状況劇場に稽古場として貸したことさえあった。当時の学習院大学演劇部のアトリエは、学習院大学西2号館内のアメリカンフットボール部の着替え場所に割り込んで作った簡単なものであった。その後、ハイセイコーの馬主や真田幸村の子孫などの大森博史の世代が本格的なアトリエに改装した。そのアトリエを大森博史の伝でオンシアター自由劇場に稽古場として貸したこともある。現在はそのアトリエも壊され、代わりに学習院大学が敷地内の富士見会館の4階に本格的で大規模な劇場施設(演劇部アトリエ)を築造し、現在の学習院大学演劇部はそこを活動拠点としている。

早稲田小劇場の芝居が好きで文学座と早稲田小劇場両方の合格通知を貰っていたが、早稲田小劇場は職業的俳優を認めず、食べていける可能性がある文学座研究所に1970年入所、1971年入団。『花咲くチェリー』で初舞台。1973年、つかこうへいの戯曲『熱海殺人事件』で最初に熊田留吉刑事を演じたのは角野である。翌年にテレビドラマに進出。1979年に『戦国自衛隊』で映画に初出演した。

2008年11月、紫綬褒章を受章。

人物

  • 趣味はプラモデルで、特に飛行機に造詣が深い。特技はスキー、水泳、ギター。
  • TBSホームドラマには多数出演しており、特に石井ふく子・橋田壽賀子両氏の作品には多く起用されている。
  • 山本コウタローとは幼馴染であり、中学時代は山本と一緒にバンドを組んでいた。角野が「渡る世間は鬼ばかり」の撮影の合間にギターを弾いていたら、橋田壽賀子に「角野は楽器がひけるの?初めて知った」と尋ねられ、角野が「実は、山本と幼馴染で、中学の頃、一緒にバンドを組んでいた」という話をしたら、橋田が「今度は親父バンドの話でいく」と言った。この後、角野の伝で橋田が山本のコンサートを聴き、心打たれて橋田が脚本を担当している『渡る世間は鬼ばかり』に山本が出演することになったというエピソードもある。2008年11月3日には、白?大学の大学祭(白?祭)で、山本とのトークショーに参加した。また、澤雄二も麹町中学校の同級生だった。渡鬼の親父バンドで後に共演した佐藤B作とは大学時代からの演劇仲間で親友でもある。
  • 小田和正のファンで、2006年12月28日放送の『渡鬼』バラエティ特番では、泉ピン子と共にドラマの衣装を着て『クリスマスの約束』収録前のステージに上がり、前説をしたこともある。
  • 近藤春菜とは容姿が非常に似ており、それを逆手にとった「角野卓造じゃねぇ〜よ!」という近藤の持ちネタで知名度を大きく上げていった。これに関して角野は「(「かの」ではなく「かの」と)呼び間違われることがあったが、このギャグのおかげで名前を覚えてもらえるようになった」と感謝の言葉を述べている。その後、近藤とはバラエティ番組のほか映画『HERO』、NTTドコモのCMでは親子役で共演を果たした上、角野自身も「近藤春菜じゃね〜よ!」というお返しギャグを披露することもある。

出演作品

テレビドラマ

  • 八州犯科帳 第12話「六地蔵で待つ女」(1974年、CX) - 機屋の番頭
  • 土曜ドラマ / 松本清張シリーズ・中央流沙(1975年、NHK) - 川辺記者

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。