お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

南谷朝子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

南谷 朝子(みなみたに あさこ、2月2日生まれ)は、日本の女優、シンガーソングライターである。

人物

東京都日本橋出身。1980年代清水邦夫主宰の劇団木冬社(もくとうしゃ)にて活動。(『弟よ』『哄笑』『アリス』『楽屋』等に出演)離団後はマキノノゾミ『東京原子核クラブ』、永井愛『僕の東京日記』『萩家の三姉妹』、東憲司『風来坊雷神屋敷』『海猫街』等の作品に出演。現在は劇団青年座(映画放送)に所属しており、同時に自身が立ち上げた創作演劇集団「NANYA-SHIP」の主宰である。

1997年 宮田慶子演出『わたし、うれしい』にてNHK名古屋アクターズフェスティバル金賞受賞。1998年には名古屋ZIP-FMの日曜20時~25時ミュージックナビゲーターを務めるなど、多岐にわたる活動をしている。映画『赤い橋の下のぬるい水』(今村昌平監督)『蕨野行』(恩地日出夫監督)にも出演。2007年、シングル『橙色』アルバム『しゃんそん』を発表、シンガーソングライターとしての活動も始めている。

2005年よりシンガーソングライター活動開始。2007年 CD全国発売後は毎年関西〜九州方面へもライブ活動中2012年、3月25日 NHK-FM「インディーズ・ファイル」に“ゴーストストリート”が紹介、ON AIRされる。

★2012年、11月7日「ぷりえ〜a live album」全国発売(株)ウェーブマスター 流通:エイベックスマーケティング11月〜12月 九州〜関西〜東海ライブ★2013年、9月、ほっけストックライブ(宮崎)出演〜11月九州ツアー(江迎〜佐賀〜鹿児島〜博多)12月、大坂MOERADO,難波屋LIVE★2013年9月〜11月:うたがたり〜今昔物語(鹿児島西本願寺武出張所・日田リベルテ・大分浄土寺・大阪萬福寺)★2014年、1月:日韓演劇交流センター主催朗読会「五重奏」出演(三軒茶屋シアタートラム) 2月24日:南青山マンダラ主催「岸田國士を読む」出演★2015年〜17年:就活ミュージカル!(脚本:目黒淨華、作曲:南谷朝子) (池袋芸術劇場シアターウエスト)(銀座博品館劇場)

★2017年7月 演出者協会「演劇大学IN横手」講師として参加

★2018年2月10日公開「霊的ボリシェビキ」(高橋洋監督

舞台

木冬社時代代表作


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
A席:4,500円
(全席指定・税込)
2019年8月28日 (水) 〜
2019年9月1日 (日)
六行会ホール