お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

ローラン・プティ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ローラン・プティ(Roland Petit, 1924年1月13日 - 2011年7月10日) は、フランスのバレエダンサー・振付家。ヴィルモンブル生まれ。

母はミラノ出身でビストロ経営者のローズ・レペット。(息子の勧めで1947年にバレエシューズの工房を設立。バレエ用品メーカー、レペットの創業者である。)

プロフィール

パリ・オペラ座付属学校に入学し、1940年にオペラ座に入団。在団中から振付を始め注目を浴びる。プティは好きだったアメリカの映画やジャズ、ミュージックホールのレビュー的要素を振付に取り込むようになり、それが彼の評判を高めた。

1944年、ディアギレフの友人であったコクノ、バレエ批評家のイレーヌ・リドヴァとともに、バレエ・デ・シャンゼリゼを結成するためにオペラ座を退団。

1945年、バレエ・デ・シャンゼリゼを発足。バレエ・ダンサー兼振り付け師として活躍。

1948年、バレエ・デ・シャンゼリゼを脱退し、バレエ・ド・パリを結成。

1952年、映画『アンデルセン物語』の振付を担当。

1954年、バレエ・デ・シャンゼリゼ以来彼の作品で踊っているバレエダンサーのジジ・ジャンメールと結婚。

1955年、フレッド・アステア主演映画『足ながおじさん』の振付を担当。

1966年、バレエ・ド・パリは活動を停止。

1972年、マルセイユ・バレエ団の創立と共に招かれる。同バレエ団はのちにローラン・プティ・マルセイユ・バレエ団に改称。

1993年、自伝を発表。

2011年7月10日、スイスのジュネーヴで死去。87歳没。

代表作

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。