お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

吉原光夫



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

吉原 光夫(よしはら みつお、1978年9月22日 - )は、日本の俳優、演出家。

東京都出身。日本工学院八王子専門学校演劇俳優科卒業。COME TRUE所属。元劇団四季団員、Artist Company 響人主宰。妻は女優・歌手の和音美桜。

略歴

小学生の時にバスケットボールを始め、バスケットボール選手になることを夢にスポーツ推薦で高校に進学。大学進学時にバスケットボール推薦で不合格となって生まれて初めての挫折を味わい、「専門学校だけは面倒見てやる」という父の言葉に高校卒業後、日本工学院八王子専門学校演劇俳優科(現:クリエイターズカレッジ声優・俳優科)に入学する。元劇団四季の先生の授業で見せられたミュージカル映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』冒頭のユダが岩の上で歌うシーンに衝撃を受け、劇団四季が上演権を保有していることを知って劇団四季への入団を決意する。

1999年、オーディションに一発合格して、専門学校卒業後に劇団四季附属研究所に入所。入所初年度の冬より『ジーザス・クライスト・スーパースター』で舞台に立ち、その後数々の舞台に出演する。『ジョン万次郎の夢』公演で訪れた沖縄・小浜島で出会った子どもに、その日の舞台をやるのに必死で夢を語れなくなっていたことに気づかされたことをきっかけに、退団を決意。2007年、劇団四季を退団。

劇団四季退団後は演出家の小川絵梨子のもとで学び、イギリスへの短期留学も経験。「元劇団四季のメンバーでどういう芝居ができるだろう」と考えて、2009年、元劇団四季のメンバーと共にArtist Company 響人(ひびきびと)を立ち上げる。ワークショップを開催し、「響人UNDERGROUND」公演では演出も手掛ける。

「小劇場で自己満足するのもいいけど、大きい舞台に出てみてれば? てか、出れないの?」との友人の言葉に反発して大きな劇場のオーディションを探して参加し、2011年、帝国劇場開場100周年記念公演『レ・ミゼラブル』において、日本公演の歴代最年少となる32歳で主演ジャン・バルジャン役を演じる。以降、2019年にかけて5度わたりジャン・バルジャンを演じている。

2020年度前期放送のNHK連続テレビ小説『エール』でテレビドラマに初出演。

私生活では、元宝塚歌劇団宙組の娘役で女優・歌手の和音美桜と2016年に婚姻届を提出し結婚。翌2017年3月13日に挙式し、同日に結婚を公表した。2019年7月26日に第1子誕生を発表した。

人物

大学のスポーツ推薦(バスケットボール)で落ちてしまい、卒業後は進路を決めずにアルバイトをしていた。その後父親に怒られ「専門学校だけは面倒見てやる」と言われ、楽そうという理由で演劇の学校を選んだ。

主な出演

舞台

劇団四季時代

  • ジーザス・クライスト・スーパースター - シモン、ユダ 役
  • ライオンキング - シンバ、ムファサ 役

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。