お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

小椋佳



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小椋 佳(おぐら けい、本名:神田 紘爾(かんだ こうじ)、1944年1月18日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家である。

来歴・人物

東京都下谷区東黒門町(台東区上野)出身。両親は飲食店を経営。

東京都立上野高等学校を卒業し、一浪で東京大学文科一類に入学。3年次に法学部へ進学。東大法学部在学中は東大法律相談所で旧司法試験の勉強を行う。東大法学部卒業後、日本勧業銀行(後の第一勧業銀行、現:みずほ銀行)入行。銀行マンとして証券部証券企画次長、浜松支店長、本店財務サービス部長などを歴任する傍らで音楽活動を行ってきた。またこの間、ノースウェスタン大学留学や、メリルリンチ証券派遣など、米国滞在を経験している。

1971年、歌手デビューした。当初は、フォークソングあるいはニューミュージックに分類されていたが、次第にジャンルを広げていった。

初コンサートは1976年10月7日NHKホール、2度目は1982年1月普門館である。

1993年、銀行を退職すると、音楽活動の一方で母校の東京大学法学部に学士入学し、1995年に法学部第3類(政治コース)を卒業。さらに文学部思想文化学科とその大学院(人文社会系研究科思想文化コース)でも学び、2000年に修士号を取得した(哲学専攻)。

他の歌手への提供曲も多く、1975年の「シクラメンのかほり」(歌:布施明)は第17回日本レコード大賞などを受賞した。その他、「俺たちの旅」・「時」・「俺たちの祭」(歌:中村雅俊)、「愛燦燦」(歌:美空ひばり)、「夢芝居」(歌:梅沢富美男)、「十六夜だより」(歌:三橋美智也)などがある。作詞のみを担当した曲としては「憧れ遊び」、「愛しき日々」、「遥かな轍」(作曲・歌:堀内孝雄)、「山河」(作曲:堀内孝雄、歌:五木ひろし)、「白い一日」(作曲・歌:井上陽水)がある。作曲のみを担当した曲では「匠」(歌:三橋美智也)がある。また、アニメーション『銀河英雄伝説』のエンディング曲、校歌・市歌・社歌なども数多く手掛けている。

浜松支店勤務の際、地元の要請に応えて「やら舞歌」を作った。これはも浜松まつりなど浜松市のイベントで使われ続けている。第一勧銀浜松支店の担当取引先であった縁で、2005年には同市の菓子製造会社春華堂のCMソング「うなぎのじゅもん」を作っている。

芸名の「小椋」は、大学3年生の時に法律の勉強で福島県耶麻郡北塩原村の学生村に約2ヶ月間滞在中、周りの住民の姓のほとんどが「小椋」姓であったことにより命名したものである。


長男・神田知秀は小椋のマネジメント会社である株式会社ゴッド・フィールド・エンタープライズの代表取締役である。次男・神田宏司は、国内でも数少ない琵琶製作者である。俳優の神田利則は甥に当たる。

2014年、生前葬としてNHKホールで4日間連続の歌が重複しない100曲コンサートを行った。

ディスコグラフィ

シングル

アルバム

太字は小椋がセルフカバーした作品。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。