CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > アラン・メンケン

アラン・メンケン

アラン・メンケン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

アラン・メンケンAlan Menken、1949年7月22日 - )は、アメリカ合衆国のミュージカル音楽および映画音楽の作曲家、ピアニスト。舞台音楽とディズニー映画の映画音楽で特に知られる。

概要

『リトル・マーメイド』(1989年)、『美女と野獣』(1991年)、『アラジン』(1992年)、『ポカホンタス』(1995年)でそれぞれアカデミー賞2部門を受賞している。ほかに『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』(1986年)、『ニュージーズ』(1992年)、『ノートルダムの鐘』(1996年)、『ヘラクレス』(1997年)、『ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!』(2004年)、『魔法にかけられて』(2007年)、『塔の上のラプンツェル』(2010年)、『ソーセージ・パーティー』(2016年)などの作曲もしている。また ブロードウェイなどのミュージカルでの作曲でも知られている。 ディズニー映画の舞台化も多いが、ほかに『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ (ミュージカル)』(1982年)、『クリスマス・キャロル (ミュージカル)』(1994年)、『シスター・アクト〜天使にラブ・ソングを〜』(2009年)などの舞台作品の作曲も行なっている。

ハワード・アッシュマン、ティム・ライス、グレン・スレイター、スティーブン・シュワルツ、デイヴィッド・ジペルなどの作詞家とコラボレートしている。アカデミー作曲賞、アカデミー歌曲賞各4回、計8回アカデミー賞を受賞しており、音楽関連の部門でアルフレッド・ニューマンの9回に続く2番目の受賞回数となっている。またグラミー賞11回のほか、トニー賞など様々な賞を受賞している。

生い立ち

1949年7月22日、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークにあるフレンチ・ホスピタルで生まれた。父親ノーマンは歯科医師およびブギウギのピアノ奏者で、母ジュディスは女優、ダンサー、脚本家であった。メンケンの家系はユダヤ系ベラルーシ人移民であった。少年時代から音楽に興味を深め、クラシック音楽を学びピアノおよびバイオリンを習い、幼い頃に作曲を始めた。9歳でNew York Federation of Music Clubs Junior Composers Contestに出場し、自身の作曲の『"Bouree"』は審査員たちから称賛された。

ニューヨーク州ニューロシェルにあるニューロシェル高等学校に進学し、1967年に卒業した。在学中、ピアノの練習に飽きており、バッハやベートーベンの曲を自分流にアレンジして弾いていた。

1967年9月、ニューヨーク大学の医学部に進学したが、その後、文化人類学専攻、哲学専攻、音楽学専攻へと移り、最終的に音楽学(“Musicology “)で学位を取得した。

1971年、ニューヨーク大学スタインハート・スクールから卒業した。当初、父のように歯科医になるべく医学部進学を目指し、音楽学には興味はなかったが、最終的には音楽学部で卒業した。リーマン・エンジェルによるBMIのワークショップに参加した際、ほかの作曲家たちと出会い音楽学部進学を決めたのである。大学進学前、第二のボブ・ディランを目指し、それまでピアノで作曲していたがギターで作曲をしていた。大学を卒業後、BMIリーマン・エンジェル・ミュージカル・シアター・ワークショップに参加した。

経歴

初期

卒業後、ロック・スターかアーティストを目指した。しかしBMIミュージカル・シアター・ワークショップに参加し、リーマン・イーグルを師と仰ぐとミュージカルでの作曲への興味が増した。1974年から1978年、BMIワークショップで『Midnight』、『Apartment House』(ミュリエル・ロビンソン作詞)、『Conversations with Pierre』、『Harry the Rat』、『Messiah on Mott Street』(デイヴィッド・ジペル作詞)などを披露した。この間、バレエおよびモダン・ダンス伴奏者、クラブでの音楽担当、ジングル作曲、編曲、『セサミストリート』での作曲、ヴォーカル・コーチなど様々な職を経験し、ザ・ボールルーム、レノ・スウィーニー、トランプスなどのクラブで自身の作品を演奏していた。1976年、『ニューヨーク・タイムズ』紙のジョン・ウィルソンはエンジェルのBMIワークショップのメンバーたちは『ブロードウェイ・アット・ザ・ボールルーム』シリーズの一部を上演し始めたと報じた。1977年、ウィルソンはザ・ボールルームでのメンケンの伴奏について、単なる伴奏ではなく声でも参加していたと記した。

メンケンは『New York's Back in Town』、『Big Apple Country』、『The Present Tense』(1977年)、『Real Life Funnies』(オフ・ブロードウェイ、1981年)、『Diamonds』(オフ・ブロードウェイ、1984年)、『Personals』(オフ・オフ・ブロードウェイ、1985年)などのレヴューに作品を提供していた。1979年、ニューヨークにあるウエスト・バンク・カフェにてチップ・ジエンが出演するメンケンのレヴュー『Patch, Patch, Patch』が上演された。

スティーヴ・ブラウン作詞の『Atina, Evil Queen of the Galaxy』など上演されなかった作品の作曲も行なっている。1980年、ディヴァインから依頼され、ブラウン作詞『The Thorn』の作曲も行なった。これは映画『ローズ』のパロディだが、上演後も利益を上げることはできなかった。未完成のミュージカル『Babe』(1981年頃)でハワード・アシュマンとコラボレートし、トム・アインと『Kicks: The Showgirl Musical』(1984年)、デイヴィッド・ロジャースと『夏の夜の夢』を基にした『The Dream in Royal Street』(1981年頃)でコラボレートした。ロバート・J・シーゲル監督の映画『The Line』(1980年)で音楽を担当した。

ブレイク


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。