CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 氷川きよし

氷川きよし

氷川きよし



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年〈昭和52年〉9月6日 - )は、日本の演歌歌手。2000年デビュー。

本名は山田 清志。一部で「kiina」という名前を使用することがある。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属。

来歴

福岡県福岡市南区出身。福岡市立大楠小学校・福岡市立高宮中学校、福岡第一商業高等学校卒業。

2000年2月2日、『箱根八里の半次郎』で演歌歌手としてデビュー。ビジュアル系男性アイドルのようなルックスを持つ演歌歌手として大きな注目を集め、その実力派の歌唱力やビートたけし命名という話題性も相まって、同年末の日本レコード大賞を初めとする音楽賞・最優秀新人賞を総なめにした。

2001年には『オリコン ウィーク The Ichiban』(2016年4月休刊)誌の表紙を飾る。演歌歌手が同誌の表紙を飾るのは、『オリコン・ウィークリー』時代から数えても松村和子、城之内早苗に続いて3人目であり、男性演歌歌手では初めてのことであった。2001年からリリースしている「演歌名曲コレクション」シリーズは、発売する度にオリコンアルバムチャート初登場ベストテン入りを記録している。また、シングルにおいても、2001年に発売した2枚目のシングル『大井追っかけ音次郎』で総合チャートベストテン入りして以降、「氷川きよし」名義のシングルは全てシングルチャートベストテン入りを果たしている。この記録を保持するのは、演歌歌手では氷川のみである。

2003年頃から、通信カラオケシステムDAMの機種改良に伴い、同機種で配信する氷川の代表曲(「箱根八里の半次郎」「きよしのズンドコ節」など)では、背景映像に氷川本人の出演する映像が多く採用されている。2003年7月1日 - 25日、納涼特別公演を中日劇場でした際、中日スポーツに初日から千秋楽までの公演の様子が掲載された。

2006年、「一剣」で日本レコード大賞を受賞し、歴代4人目のレコード大賞3冠となった。2007年、「きよしのソーラン節」で日本有線大賞史上初の4回目の大賞受賞となる。2008年のNHK紅白歌合戦では白組の大トリを務めた。

2017年、「第50回日本有線大賞」で4年ぶりかつ歴代最多となる9回目の大賞を受賞。

2020年2月2日、デビュー20周年を迎えたこの日、最初のコンサートを行った中野サンプラザで公演。ファンと共に記念日を祝った。

2020年6月9日、初のポップスアルバム『Papillon -ボヘミアン・ラプソディ-』を発売。それに伴い、アルバム発売記念コンサートを予定していたが、前年より猛威を振るっている新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を中止した。代替として、オリジナルライブ「氷川きよし LIVE 〜Papillon〜 Presented by WOWOW」が企画され、同年8月2日にマイナビBLITZ赤坂にて無観客で収録。同年10月24日、WOWOWプライムにて放送された。2021年9月11日、LINE CUBE SHIBUYAにて観客を入れての初ポップスコンサート『氷川きよし -You are you- Release Tour 2021』を開催した。この模様は同年11月にWOWOWプラス、2022年春にWOWOWで放送。

また、歌手活動以外にもタレント活動や歌謡劇への出演などを展開している。

2022年1月21日、所属事務所により同年12月31日をもって活動を休止することが発表された。「22歳からファンの皆様の真心にお応えしたいという思いがエネルギーでしたが、なかなか心と身体が思うようにならなくなり、ご期待にお応え出来ないこともあり、来年からリフレッシュの為お休みを頂く事に致しました。本当に心苦しく思っています」という。

なお氷川は同年1月27日のコンサートで、復帰の可能性について時期には触れなかったものの、ファンの前で「もういいと思うかもしれないですが、また喜んで下さるなら」と述べている。

同年4月6日の「夜桜演歌まつり」において、声帯ポリープの摘出手術を受けたことを明らかにした。同月23日に治療を終えたことを報告。

特徴

楽曲


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。