CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 小松みゆき

小松みゆき

小松みゆき



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小松 みゆき(こまつ みゆき、1971年6月5日 - )は、日本の女優。福島県いわき市出身。身長155cm・体重43kg。 B83 W56 H82。血液型 B型。旧芸名は小松 美幸(読み方同じ)。イエローキャブ、マツ・カンパニー、オフィスミラクルボックスを経てサンズエンタテインメントに所属していた。2018年11月よりテンダープロに所属。

略歴

10代の頃、1980年代前半に人気だったたのきんトリオの映画を好んで見るようになる。磐城女子高校に進学すると、高校の出身者に秋吉久美子がいたことや先述の映画などの影響を受けて役者に憧れ始める。

実践女子大学在学中に原宿でスカウトされ、1990年に「小松 美幸」として『週刊プレイボーイ』10月23日号の水着グラビアでデビュー。翌年には同誌で初ヌードになるとB82・W57・H82の抜群のプロポーションや、美しいフォルムを描く美乳が話題となり、グラビアモデルとしてトップクラスの人気を得る。

雑誌のグラビア、写真集、イメージビデオを中心に活動し、1992年には星野陽子とともに共同石油のカレンダーガールに起用された。この間、Vシネマ『ダウンタウン・ガールズ』(1991年)に出演したことはあったが、1992年7月に出版された4冊めの写真集『The LAST SHOW』で女優への転身を宣言、同年8月の城戸賞受賞シナリオの映画化作品『福本耕平、かく走りき』(青春映画の佳作とされる)では準主役を務めた。

1993年2月、にっかつのVシネマ『スウィートルーム』で濡れ場を演じた。また同年5月のVシネマ『くノ一忍法帖』でも妖艶な演技を披露するなど、セクシー系作品への出演が続いた。

1994年、「小松みゆき」に改名。しばらくは『TOKYO BALLADE 危険な誘惑』『女教師』といった従来路線のセクシー系作品への出演や、ヘアヌード写真集のモデルとしての活躍が目立った。94年に「ファイナルヌード宣言」をした後はVシネマ、テレビドラマを中心により幅広い役柄を演じた。

一般作品でも演技力は認められ、2003年からテレビドラマ『大奥』(フジテレビ)にレギュラー出演して、話題になった。

2009年12月6日にアパレル企業の取締役を務める8つ年下の男性と婚姻。

2020年9月14日、妊娠を公表。2021年2月18日、第一子となる女児を出産。2021年6月現在、自宅で11匹の保護猫の面倒を見ている。

人物

生い立ち

実家でボウリング場を営む両親のもとに二人姉妹の長女として生まれた。子供の頃から活発でなんでも率先してやるタイプで、9歳から20歳までクラシックバレエを習っていた。グラビアタレントになった当初、内緒のアルバイト感覚で活動していたが、翌年ヌードになったことで母にバレて怒られるも、小松の頑固な性格を知っていたためそれ以降は見守ってくれたとのこと。

結婚

一般作品への出演が増えてきた頃には30歳を過ぎていたが、本人は役者の仕事が面白く「結婚なんて」と思いながら仕事をしており、一人で生きていくつもりで30代前半でマンションも購入していた。ただし夫とは若い頃に出会っており、長い同棲生活を経て小松が38歳、夫が30歳の時に結婚した。一年後の秋に結婚式をすることを考えていたが、直後に舞台版「大奥」が決まりスケジュールが2年先まで埋まったこともあり、子作りも先延ばしとなった。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。