お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

テレンス・ラティガン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

サー・テレンス・マーヴィン・ラティガン(Sir Terence Mervyn Rattigan CBE, 1911年6月10日 - 1977年11月30日)は、イングランド出身の劇作家・脚本家。

略歴

1911年、ロンドンのサウス・ケンジントンで、高等弁務官だったフランク・ラティガンの息子として生まれる。全寮制のパブリックスクール・ハーロー校を卒業後、オックスフォード大学トリニティ・カレッジに学ぶ。外交官を志していたが、演劇に興味を持ち、学業を中断して劇作家の道を歩みだす。その後、戯曲だけでなく、映画やテレビドラマの脚本も書くようになる。

1977年、バミューダ諸島ハミルトンで骨腫瘍により死去した。

代表作

戯曲

  • 涙なしのフランス語 French Without Tears (1936年)
    • 1940年に French Without Tears として映画化。アンソニー・アスキス監督、レイ・ミランド主演。
  • 炎の道 Flare Path (1942年)
  • お日様のあるうちに While the Sun Shines (1943年)
    • 1947年に While the Sun Shines として映画化。アンソニー・アスキス監督、バーバラ・ホワイト主演。
  • 蠱惑草 Love in Idleness (1944年)
  • ウィンズロウ・ボーイ The Winslow Boy (1946年)
    • 1948年に『ウィンスロー少年』(原題:The Winslow Boy )として映画化。ラティガン自身が脚色。アンソニー・アスキス監督、ロバート・ドーナット主演。
    • 1999年に『5シリングの真実』(原題:The Winslow Boy )として映画化。デヴィッド・マメット監督、ナイジェル・ホーソーン主演。
  • ブラウニング・バージョン The Browning Version (1948年)
    • タイトルはギリシア悲劇『アガメムノーン』のロバート・ブラウニングによる翻訳版の意味。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。