お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

安田成美



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

安田 成美(やすだ なるみ、1966年11月28日 - )は、日本の女優・ナレーター・歌手。東京都文京区出身。所属事務所は田辺エージェンシー→コッカ所属。明治学院大学文学部中退。

略歴

中学在学中にスカウトされ、1981年に花王ビオレのCMでデビュー。翌年にドラマ『ホーム・スイート・ホーム』でドラマ初出演。

1983年、『風の谷のナウシカ』のアニメ映画化にあたって募集されたイメージガールのオーディションで約7500人の中からグランプリを獲得。

1984年、同映画のイメージソングに採用されたシングル曲「風の谷のナウシカ」(作詞:松本隆、作曲:細野晴臣)で歌手デビュー。この曲は同名のアニメ映画『風の谷のナウシカ』のイメージソングとなり、オリコンシングルチャートでも10位にランクインされるヒットとなったが、映画本編には使用されていない。同年、デビュー曲「風の谷のナウシカ」を含む、ファーストアルバム『安田成美』(高橋幸宏プロデュース)を発売。

1988年、約4年ぶりとなるセカンド・アルバム『ジンジャー』(大貫妙子プロデュース、小林武史、かしぶち哲郎参加)を発売。

1989年に主演した『同・級・生』以降、トレンディードラマのブームに乗り主演ドラマが相次いでヒット。1992年に中森明菜とダブル主演した『素顔のままで』では最高視聴率31.9%の高視聴率を記録した。

1994年、NHK連続テレビ小説『春よ、来い』の主演を務めるも途中降板する。同年、映画『そろばんずく』で共演したとんねるずの木梨憲武と結婚。翌年に長男、1999年に二男を出産。

休業を経て2000年、日本テレビのドラマ『リミット もしも、わが子が…』で復帰。2001年『大河の一滴』で7年ぶりに映画主演を務めた。2004年、長女を出産、再び休業期に入る。

2004年頃から、夫と共に東京・麻布にて「3116 GALLERY CAFE」というカフェの経営を始める。

2006年4月、関西テレビのドラマ『さいごの約束』で復帰。

2016年、初エッセイ本『愛だナ!』を出版。

エピソード

デビューの推薦人

写真家の山岸伸によると、安田の当時の担当マネージャーが「かわいい子がいるので会ってくれ」と申し入れがあり、市ヶ谷の喫茶店ルノアールで会うことになった。その後も彼女とたびたび仕事をともにしたことで、写真家としての生活が軌道に乗ったと感じていることをブログで述懐している。この時の写真は、写真集『安田成美』にも収録されている。山岸は、『風の谷のナウシカ』のイメージガールとして安田がデビューする際の推薦者の一人だったとも述べている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。