お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

近藤芳正



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

近藤 芳正(こんどう よしまさ、1961年8月13日 - )は、日本の俳優。松竹エンタテインメント所属。

来歴

愛知県名古屋市瑞穂区出身。中学1年次に地元の児童劇団へ加入後、15歳時に『中学生日記』にちょうちん屋の息子「近藤芳正」役としてテレビドラマ初出演(1976 - 1978年)。「闘争宣言」等いくつかの回で主演を務めた。なお2007年4月9日から、「闘争宣言」の30年後を描いた「僕は、ここにいる。〜父と子の闘争日記〜」に中3の息子を持つ父親役として出演し、自ら企画にも関わった。全4話構成で不定期に放送されたこのシリーズでは、30年前の映像も回想シーンとして使われた。

日本福祉大学付属高等学校を卒業と同時に俳優を志し、名古屋で1年間『中学生日記』の風間先生役だった湯浅実の元で俳優修行を始める。翌年、湯浅実が所属する劇団青年座の研究所に2年間入所。その後、劇団七曜日へ入団。

1991年、三谷幸喜脚本の『12人の優しい日本人』(映画版)への出演を契機に、東京サンシャインボーイズの舞台への客演が続き、特に劇団の後期作品にはほとんどレギュラー出演していた。劇団員ではないものの、本人は「東京サンシャインボーイズの正式な劇団員だ」と自称するなど同劇団とは深い付き合いである。そうした縁から、他の三谷関連作品にも多数出演し、『12人の優しい日本人』の後も『ラヂオの時間』『みんなのいえ』と立て続けに映画出演している。

1996年、西村雅彦との二人芝居作品『笑の大学』(舞台版)が読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞した。

2001年に酒井敏也・山西惇らの協力を得て劇団ダンダンブエノを、2009年にはソロプロジェクト バンダ・ラ・コンチャンを立ち上げている。

2004年には『バナナが好きな人』で第4回、2007年には『砂利』で第7回バッカーズ演劇奨励賞を受賞した。

2015年、『野良犬はダンスを踊る』(窪田将治監督)で映画初主演。同作はモントリオール世界映画祭の「フォーカス・オン・ワールド・シネマ」部門に選出された。

2018年11月1日より松竹エンタテインメントに所属。

人物

中日ドラゴンズの大ファンである。特に谷沢健一のファン。ナゴヤ球場でアイスクリーム販売のアルバイトをしていたこともあった。

ダチョウ倶楽部の前身であるキムチ倶楽部に所属していたことがあった。

出演

テレビドラマ

NHK


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
先着先行

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:5,500円(税込)
2020年11月27日 (金) 〜
2020年11月29日 (日)
本多劇場