お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

高泉淳子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

高泉 淳子(たかいずみ あつこ 1958年7月26日-)は、日本の女優、劇作家、演出家。宮城県古川市(後の大崎市)出身。

プロフィール

早稲田大学社会科学部卒業後の1983年、白井晃とともに劇団「遊◎機械/全自動シアター」を結成。おもに“家族”をテーマにした戯曲を数多く発表する。また、看板役者として子供から老人まで様々な役柄を演じ分ける。

特に、舞台『僕の時間の深呼吸』から登場した、チリチリ頭に黒ブチ眼鏡の少年「山田のぼる」は当たり役となる。“彼”を主人公とした戯曲が数本作られ、また1993年10月 - 1994年9月にかけて、そのキャラクターのままフジテレビの子供番組『ポンキッキーズ』にMCとして出演した。

また、変幻自在な役柄を活かし、テレビドラマ『帰ってきた時効警察』では男性の駐在役で出演、『主に泣いてます』では15人のキャラクターに扮する「トキばあ」役で出演。

1989年より年末には青山円形劇場にて、バイオリニスト・中西俊博を迎え、芝居とジャズ音楽を組み合わせたショー『ア・ラ・カルト 役者と音楽家のいるレストラン』を公演、25年にわたるロングランとなる(同劇場閉館に伴い、2013年で終了)。

2002年10月の公演『クラブ・オブ・アリス』をもって、劇団の解散を発表。制作母体である「遊機械オフィス」は続行し、プロデュース公演を制作している。

2008年より「タカイズミプロジェクト」を立ち上げ、宇野亜喜良の美術で『大人の寓話』を企画・作・演出・出演。

既婚か独身かなどの家系情報は非公表としている。

出演

舞台

  • 1986年 - 1994年 , 2011年 『僕の時間の深呼吸』
  • 1989年 - 『ア・ラ・カルト 役者と音楽家のいるレストラン』
  • 1989年 『桜の園』
  • 1990年 , 1996年 『ムーンライト』
  • 1991年 , 1994年 , 2001年 『ラ・ヴィータ』
  • 1991年 『モンタージュ - はじまりの記憶』

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。