CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 石丸謙二郎

石丸謙二郎

石丸謙二郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

石丸 謙二郎(いしまる けんじろう、1953年11月1日 - )は、日本の俳優、声優、ナレーター。本名同じ。大分県大分市出身。2006年1月1日より青年座映画放送部所属。身長173cm。血液型はA型。

来歴・人物

大分市立碩田中学校、大分県立大分上野丘高等学校卒業。日本大学藝術学部演劇学科中退。

つかこうへいの事務所にスカウトされ、1977年に『いつも心に太陽を』で舞台デビュー。

落ち着いたトーンの声質で、1987年から『世界の車窓から』のナレーションを一貫して務め、知名度を得る。このことから鉄道に関連した作品への出演が多く、『仮面ライダー電王』ではオーナー役、『十津川警部シリーズ』(TBS系)では2017年から新たに亀井刑事(巡査部長)を演じている。日本テレビ系『ぶらり途中下車の旅』では常連旅人として出演しており、2015年11月28日放送分では、藤村俊二の代わりでナレーターも務めている。

朝起きて「せ・か・い」と言えばその日の健康状態がわかるという。

1974年に日本で初めてストリーキングを敢行したと自称しており、「『ストリーク!ストリーク!』と怒鳴りながら」、東京・原宿を走ったという。なお、一般には同年3月12日に広島市で行われたものが日本人による初のストリーキングとされる。

プライベートでは多趣味なアウトドア派。フリークライミングやウインドサーフィン、登山、ダンスなどを趣味としている。また、ケイビング(スポーツとしての洞窟探検)も得意で、その技能を生かして『飛び出せ!科学くん』にゲスト出演を果たしている。

スポーツマンNo.1決定戦

第11回芸能人サバイバルバトル(2003年3月23日放送)
当時49歳にして初出場。BURN OUT GUYSでは1分18秒66の好タイムで5位。BEACH FLAGSは2回戦進出。MONSTER BOXは記録なしに終わるも、QUICK MUSCLEでは初挑戦で100回。TAIL IMPOSSIBLEは第2レース進出と随所で健闘を見せるも、総合10位で脱落。
第12回芸能人サバイバルバトル(2003年9月26日放送)
パワー系種目のWORK OUT GUYSでは1分23秒66で6位。BEACH FLAGSは1回戦敗退。前回記録なしだったMONSTER BOXは11段と記録を残し、QUICK MUSCLEでは前の組で野村将希がマークした125回を目標に挑むも、1回届かない124回に終わるも、SPIN OFFでは2回戦(初戦)でなかやまきんに君との競り合いを制すも、準決勝で池谷直樹に敗れた。BURN OUT GUYSは1分24秒01で8位。各種目でコツコツとポイントを稼ぐも総合9位で脱落。
第13回芸能人サバイバルバトル(2004年4月5日放送)
BURN OUT GUYSは1分21秒52で9位。BEACH FLAGSは1回戦敗退。自己記録11段だったMONSTER BOXでは一気に3段更新し14段。SPIN OFFでは1回戦で野村、2回戦では球体の回転を利用した戦略で脇田寧人に勝利するも、準決勝で山?賢太に敗れた。QUICk MUSCLEは自己記録を30回更新する大健闘を見せ、154回で種目別4位。FINAL進出の当落線上に位置していたが、TAIL IMPOSSIBLEが第1レース敗退に終わり、総合9位で脱落。
第14回芸能人サバイバルバトル(2005年4月5日放送)
SPIN OFFでは1回戦で川久保拓司に勝利するも、2回戦で山崎に敗れた。MONSTER BOXは13段。QUICK MUSCLEでは177回と自己記録を更新し、当時の芸能人記録ではケイン・コスギと並ぶ歴代第2位の記録をマークした。最終種目別順位は4位。POWER FORCEでは、1回戦でボビー・オロゴンとの2分にも及ぶ死闘を制し、2回戦ではこの種目のディフェンディングチャンピオンである野村との50代対決も勝利し準決勝進出。準決勝できんに君に敗れた。この種目終了時点で暫定総合6位にいたが、TAIL IMPOSSIBLEが第1レース敗退に終わったことが響き、総合8位で逆転でFINAL進出を逃した。
第16回芸能人サバイバルバトル(2006年3月29日放送)
新種目REVOLUTIONでは第1組で最初に脱落しノーポイント。SPIN OFFでは1回戦で知幸に敗れ、この種目初の1回戦敗退に終わる。MONSTER BOXも自己記録に届かない13段に終わり、3種目終了時点で総合最下位となり、逆転の生き残りを懸けたQUICK MUSCLEでは開始1分で100回を超えるハイペースで、あわや200回を目前とした矢先、195回目をカウントした瞬間に左膝と左肘が競技台につき、失格の判定。競技後のインタビューでは「もうやるとこまでやろうと思ったらズルっとね、200(回)を目指したから膝ついたと思うんだよね、もうしょうがないです。次は、一気に大きいところ狙います。」「ここ(コロッセオ)にいるとね、凄い嬉しいんだよな。ここが大好きだからね?」とコメントを残し、この種目終了時点で脱落が決定。脱落のインタビューでは「もっと暴れたかったっていう気持ちがすごいあるね。帰りたくないね?」と悔しさをあらわにした。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。