お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

大和田伸也



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

大和田 伸也(おおわだ しんや、1947年(昭和22年)10月25日 - )は、日本の俳優、声優、ナレーター、演出家、監督。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。福井県敦賀市出身。早稲田大学第一文学部中退。

人物・来歴

三男一女の次男として誕生。

敦賀市立敦賀北小学校の学芸会で、1年2年担任の大藪千里先生が浦島太郎の主役に抜擢。

1965年、大学中退後に鈴木忠志が立ち上げた自由舞台に所属。

1968年、劇団四季へ入団。

1972年、朝の連続テレビ小説『藍より青く』でのヒロインの夫役で広く知られる。

1977年、『犬神の悪霊』で映画初主演。

蜷川幸雄演出の『王女メディア』では北大路欣也とダブル主演を務めた(3度再演し海外公演も果たした)。

『炎の女・秋瑾』で日本人として初めて中国映画に出演した

『水戸黄門』での格さん役を演じた際、印籠をかざす時に述べる代表的なセリフ「こちらにおわすお方を何方と心得る!畏れ多くも前の副将軍、水戸光圀公に在らせられるぞ!!」という口上文句を最初に確立した。

『ライオン・キング』の吹き替え版では、実写版、アニメーション版、両作品で王・ムファサを演じた。

松方弘樹主演『恐竜を掘ろう』で映画初監督。脚本も担当した。次男の健介と共同脚本。

2019年には初のオペラに出演した。

衆議院議員で復興大臣を務めた高木毅とは福井県立敦賀高等学校の先輩後輩の間柄にあたる。

家族


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。