お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

静恵一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

静 恵一(しずか けいいち、1982年10月23日 - )は日本のお笑いタレント、作家、演出家、脚本家、司会者、ラジオパーソナリティ。お笑いユニットサミットクラブのツッコミ担当。現在は無所属(フリー)で活動中。過去にワタナベエンターテイメント、アップフロントグループに在籍していた。

概要

高校2年のとき大阪の新人お笑い登竜門『今宮子供えびすマンザイ新人コンクール』で入賞。当時、高校生漫才師が珍しくサミットクラブは一躍人気に。審査員の疋田哲夫に気にいられ、高校3年生の段階で複数の大手事務所から声がかかるほどに。

大学入学と同時に上京。ワタナベエンターテインメントに所属。大学では劇団『青年団』主宰で劇作家、演出家の平田オリザ、文学座の坂口芳貞から演劇を学んだ。

現在はマルチに活動。『芸人』『作家(文筆)』『演出家』『脚本家』『放送作家』『MC』『俳優』『声優』『映画監督』『野球好き芸人』『料理家』『マグロ漁船芸人』の顔を持つ。

略歴

  • 1982年、大阪府南河内郡美原町(現・堺市美原区)に生まれる
  • 美原町立平尾小学校(現在の堺市立平尾小学校)で現在の相方・ムラコと同じクラスになる。
  • 小学4年のとき初恋の子を振り向かせたいためにお笑いをはじめる。心斎橋筋2丁目劇場で千原兄弟やジャリズムが若い女性から大人気だった影響をうけた。
  • 小学4年生のときムラコと静を含む友達4人で駄菓子屋によくたまっていた。その駄菓子屋の店主に『毎日来てサミットして!』と言われたのをキッカケに、『サミットクラブ』が出来た。
  • 1995年、美原町立美原中学校(現在の堺市立美原中学校)に進学。
  • 1998年、大阪府立東住吉高等学校芸能文化科に進学。
  • 1999年、ムラコが通っていた高校の授業に "上方漫才研究"というのがあり、2年の時にムラコに誘われ、『第20回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール』に応募。過去にはダウンタウン、ナインティナイン、宮川大助・花子、大木こだま・ひびき、ミルクボーイなど賞を獲るお笑いの登竜門。そこで「香川登枝緒賞」を受賞した。審査員をしていた1人が『11PM』『EXテレビ』『鶴瓶・上岡パペポTV』『ちちんぷいぷい』『せやねん!』などを手掛けてきた放送作家・疋田哲夫で気に入られる。
  • 2000年、高校3年になって疋田の紹介もあり、大手事務所複数から声がかかり、翌年にワタナベエンターテインメントに所属。同期には波田陽区、クールポコ。
  • 2001年、東京に上京。桜美林大学文学部総合文化学科に入学。演劇を専攻する。
  • 2002年、ムラコに声をかけ、コントユニット『High×position(通称・ハイポジ)』を結成。事務所にはネタ見せの毎日が続くなか鳴かず飛ばずで仕事がないなか、『ハイポジ』の公演は1,000人越えをする人気になる。
  • 2005年、ワタナベエンターテインメントを退所。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。