お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

柳亭市馬



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

柳亭 市馬(りゅうてい いちば)は落語家の名跡。当代は4代目(三遊亭市馬から考えると8代目)。

なお現在の4代目の前に4代目(三遊亭市馬として)を襲名した落語家もいるが廃業している。

俗に初代

本名:味波庄太郎。(? - 1924年ころ?)

叔父は三遊亭市馬(味波文之助)。最初は三遊亭金馬時代の2代目三遊亭小圓朝の門で金我、後に6代目(6代目だと後の3代目春風亭柳朝)ないし7代目土橋亭里う馬で里う好、明治30年代後半に3代目柳家小さんの門で小三太、1910年に柳家歌太郎。1916年1月に春風燕柳に改名した。1918年3月に叔父が三遊亭市馬だったので市馬を名乗るが柳派所属だったため柳亭とした。初代文の家かしくと組んで「推量節」で売った。(叔父も「推量節」が得意だった)俗に野ざらしも得意だったためか「野ざらしの市馬」と呼ばれる。8代目林家正蔵(後の林家彦六)が関東大震災直後に安否が気になり自宅を訪れたら病気で寝込んでいたという。その後まもなく60歳ぐらいで亡くなったという。

2代目

本名:小山喜太郎。(1892年11月11日 - 戦後まもなく没。)元は柳家左鏡が率いた左鏡連という天狗連で怪談噺や人情噺をやっていた。1918年?2代目蜃気楼龍玉の門で龍若、1920年ころに三遊亭圓璃、1921年4月に真打昇進。1924年5月に2代目三遊亭市馬襲名。1927年4月に柳家五蝶となる、同月には柳亭市馬。1936年5月に4代目五明楼玉輔の実子の五明楼玉の助(当時廃業し新宿で洋食店を経営)から譲り受け5代目五明楼玉輔襲名。1938年市馬に戻る。その後は不明。芝居噺、怪談噺を得意とし「夢金」を売りにした。SPレコードを6枚ほど残している。俗に「左官屋の市馬」と呼ばれる。1945年ころ亡くなったという。

3代目

本名:柴田一。(1902年4月20日 - 1955年12月28日)最初は2代目月の家圓鏡(後の3代目三遊亭圓遊)の門で月松を名乗り、1924年5月に師匠圓鏡の前名の一つ3代目三遊亭三福を襲名し真打昇進、1942年ころに元兄弟子5代目蝶花楼馬楽(後の林家彦六)の前名である4代目三遊亭圓楽襲名、1947年2月に3代目襲名。幇間、大神楽、ピン芸(一口芝居)などの余芸が売りだった。俗に「ポコちゃんの市馬」と呼ばれる。

4代目

当代。本名:右藤泰幸(うとう やすゆき、1961年12月6日 - )。大分県豊後大野市出身の落語家。現落語協会会長。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:4,100円(税込)
2019年1月26日 (土)
よみうりホール
販売終了

取扱中の公演
一般販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
一般:3,500円
一般/シアター倶楽部会員:3,150円
一般/MIカード会員:3,150円
一般/エムアイ友の会会員:3,150円
一般/三越伊勢丹ホールディングス株主優待:3,150円
(全席指定・税込)

[ご購入の前にご確認ください!]
※ご入場の際に、下記確認書類等をご提示ください。
シアター倶楽部会員:シアター倶楽部会員証
MIカード会員:MIカード
エムアイ友の会会員:エムアイ友の会会員証
三越伊勢丹ホールディングス株主優待:株主優待カード

※チケット料金の他にシステム手数料・発券手数料を別途お支払いいただきます。
※インターネット決済の場合、「アメリカン・エキスプレス・カード」はご利用いただけません。
※チケットは、全てセブン−イレブンでのお受取りとなります。
 三越劇場窓口でのお受取りいただけませんので、ご注意ください。
※セブン−イレブンでのお受取りについては、有効期限がございます。
 予約完了の際に必ずご確認ください。
 (セブンーイレブンでのお支払時にはクレジットカードをご利用いただけます)
2019年1月30日 (水)
三越劇場
販売終了

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:4,100円(税込)
2019年4月20日 (土)
よみうりホール
1月28日(月) 10:00〜 発売開始!