お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

ドリアン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ドリアン(学名: Durio zibethinus)は、アオイ科ドリアン属に属する樹木である。ドリアンと呼ばれるドリアン属の種の中で最も一般的な種であり、その食べられる果実もドリアンと呼ばれる。

名称

属名のDurioはラテン語のdurianに由来し、もともとマレー語で、刺(duri: ドゥリ)を持つものという意味である。また、種小名のzibethinusは、「麝香の香りを持つ」という意味の形容詞である。合わせて、麝香の香りを持ち、針を持つものという意味になる。マレー語ではドゥリアン。タイ語ではトゥリアン (???????)。北京語で榴蓮(?音: li?li?n、リウリエン)、広東語で榴?(ラウリーン、lau4lin4)。

植物学上の特徴と分布

代表的なドリアンと呼ばれる栽培種の学名はDurio zibethinus、その他にも分かっているだけで30の種が存在する。原産地は東南アジアのマレー半島。果実は強い甘味を持ち、栄養豊富で特にビタミンB1を多く含有する。果物の王様と呼ばれている。

木・花

ドリアンの木は、高さが 20 - 30 m ほどになる(果樹園では10 m程度に抑えられる)常緑樹でピラミッド状の樹冠を作る。枝は細かく、葉は互生する。葉の表面は緑暗色で光沢があり、長さ10 - 18 cm、幅 5 cmほどの長楕円形。

花は、黄白色で5つの花弁を持ち、果梗に数個から数十個ほど群生させる。

果実

果実は、受粉後3カ月ほどで成熟し、大きさは20 - 30 cmほど、重さは1 - 5 kgほどになる。植樹後、5年程で収穫できるようになる。1本の木から1年で100 - 200個が収穫される。灰緑色をしており、外皮は革質で全体が硬い棘に覆われている。内部は5室からなり、各室に2-3個の種子がある。

食べられるのは、種子の周りのクリーム状の部分で、果実全体に占める可食部分の割合は少ない。種子は焼くか茹でることで食べることが可能である。種子の食用はドリアンの産地でごく稀に行われるが、あまり一般的ではないため、ほとんどの場合に廃棄される。

可食部は甘い香りとともに、玉ねぎの腐敗臭または都市ガスのような強烈な匂いを放つ。ドリアンの香り成分として分かっているだけでも、エステル、アルコール、アルデヒドに属する26種類の揮発成分、および8種類の硫黄化合物が存在する。強烈な臭いの元は臭い成分の一つ硫黄化合物1-プロパンチオールC3H8Sが核となり、その他さまざまな臭い成分が複雑に絡み合い作り出されている。

2017年、ドイツの研究者らは、ドリアンの特徴的な芳香がethyl (2S)-2-methylbutanoate(フルーティーな匂い)および1-(ethylsulfanyl)ethane-1-thiol(炒めた玉ねぎのような匂い)の2つの成分をドリアン中に存在する比率で混ぜ合わせることで再現できることを明らかにした。2017年、シンガポールを中心とした研究グループが、ドリアンのドラフトゲノムを解読した。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。