お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

中井貴惠



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中井 貴惠(なかい きえ、1957年11月27日 - )は、日本の女優、エッセイスト。本名・中沢(旧姓・中井)貴恵子。身長166cm。幼稚園から高校までは田園調布雙葉中学校・高等学校。大学は父親と同じ早稲田大学へ進学する。

芸名「貴恵」の名付け親は木下惠介であった。

来歴・人物

戦後の大スターで ?松竹三羽烏?と言われた俳優・佐田啓二の長女として生まれたが父とは6歳で死別している。早稲田大学在学中に女優デビューすることになり、一部から二部へ転部し日本文学科卒業。弟に俳優の中井貴一がいる。貴一は、仕事では姉の貴恵と共演したくないと話しており、同じドラマに出演した際には一度も共演するシーンがなかった。

1977年、市川崑監督の映画『女王蜂』でデビュー、数々の新人賞を受賞した。1982年に『あゝ野麦峠 新緑篇』『制覇』で日本アカデミー賞助演女優賞にノミネート。以後、映画やテレビドラマ・CMに出演し1983年には映画『人生劇場』にてヌードを披露したが、監督の「あなたがヌードにならなければ私は監督を辞める」と説得されたとインタビューに答えている。一度脱ぐと脱ぐオファーばかりで閉口したとも言っていた。弟の貴一はスポーツ新聞で姉がヌードになるのを知ったと言う。

1987年の結婚を機に女優業を休業した。夫の勤務地であるアメリカニューハンプシャー州、その後日本に帰国し札幌に居住していたが、現在は東京に在住する。2女の母親である。

近年は、絵本朗読を行う「大人と子供のための読みきかせの会」の活動を続けている。なお、「大人と子供のための読みきかせの会」は本名の「中沢貴恵子」併記で活動している。

父・佐田啓二は二枚目スターとして名高く、日活の大スターだった小林旭は「昭和30年代の松竹のスターは佐田啓二さん」と対談番組で言っていた。娘の貴恵本人は「男性として見たら父はタイプではない」と語っていた。

主な出演作品

映画

  • 女王蜂 (1978年)
  • 聖職の碑 (1978年)
  • 病院坂の首縊りの家 (1979年)
  • 制覇 (1982年)
  • あゝ野麦峠 新緑篇 (1982年)
  • 人生劇場 (1983年)
  • 生きてはみたけれど 小津安二郎伝 (1983年)
  • 必殺! THE HISSATSU (1984年)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。