CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 大儀見元

大儀見元

大儀見元



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

大儀見 元(おおぎみ げん、1963年12月3日 - )は、神奈川県中郡二宮町出身の日本のミュージシャン、パーカッション奏者、歌手。日本大学高等学校を経て、日本大学法学部卒業。明治時代の教育者、牧師であった大儀見元一郎は曽祖父。 

人物・来歴

幼少期より ビートルズ に心酔する。隣家に暮らす祖母 大儀見メイベル(旧姓:ジョーンズ)とは英語で会話していた。高等学校在学中の1981年、YAMAHA「EAST WEST '81」に、バンド「寿限無」で参加、優秀賞を受賞。

大学進学後の1982年、日本初のサルサバンドであった オルケスタ・デル・ソル に参加。1984年、自らのバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルス を結成する。この頃より、ロック、ポップス、ジャズ等様々なアーティストのツアー、レコーディングに参加を開始。キューバ渡航後の1989年、オルケスタ・デ・ラ・ルスでニューヨーク進出。Village Gate、Palladium等で演奏。現地のラティーノ達に熱狂的に受け入れられ、バンドは後に、グラミー賞のカリビアン部門の新人賞にノミネートされる。

1990年、オルケスタ・デ・ラ・ルスを脱退し、ニューヨークに渡る。1991年より、ティト・ニエベス・オーケストラにコンガ・プレーヤーとして参加。

1995年、帰国。熱帯ジャズ楽団や、塩谷哲 率いる SALT BANDに参加。

1997年、自らのバンド、SALSA SWINGOZA(サルサ・スインゴサ)を結成。2000年に、1stアルバム「Swin' Pa' Gozar」をリリース。2012年にリリースした、東日本大震災復興応援チャリティCD「Siempre con fe」の売り上げによる寄付金は200万円を超えた。「Aqui se puede」ほか2枚のアルバム、2枚のライブアルバムをリリース後、待望の5th アルバム「Cantando」を2016年にリリース。佐藤竹善、CHAKA、石塚隆充をゲストに迎え、アルバムタイトルどおり「歌模様」をテーマに、大儀見自らもボーカルをとった。

2019年、swingoza+(スインゴサ・マス)を結成。そのスタイルは、ニューヨーク、キューバ、プエルトリコ、西アフリカ、スペイン等で体得した様々なリズムのエッセンスを消化し、アレンジして繰り出されるもので、活躍の場は、ロック、ジャズ、ポップス、フラメンコ等多岐にわたる。

主な共演者・活動ユニット

  • 米米CLUB
  • Dreams Come True
  • 角松敏生
  • 矢沢永吉
  • 佐藤竹善 SING LIKE TALKING
  • 菊地成孔 DCPRG(DC/PRG・dCprG・DCPRG・DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN)、菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール
  • 葉加瀬太郎
  • 鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団(フラメンコ曽根崎心中)
  • 石塚隆充
  • 絢香

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。