CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 鈴木杏樹

鈴木杏樹

鈴木杏樹



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

鈴木 杏樹(すずき あんじゅ、1969年9月23日 ‐ )は、日本の女優、司会者。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。大阪府箕面市生まれ、兵庫県神戸市育ち。マリスト国際学校高等部中退、東京都立上野高等学校卒業。

来歴

神戸のインターナショナルスクールであるマリスト国際学校在学中、歌手を目指す為に通っていた音楽学校で17歳の時にレコード会社(CBSソニー)にスカウトされ、「日本人歌手を海外でデビューさせよう」という会社の方針でイギリス・ロンドンに行くこととなった。デビューまでレコーディングスタジオで下働きやレッスンをして、2年ほど現地で経験を積んだ。。

1990年2月、ストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースにより英CBSレコードからKAKKOとして『We Should Be Dancing』をリリース、UKチャートで最高101位を記録する。セカンドシングルとしてリリースした『What Kind Of Fool』はUKチャートにはランクインせず。その後カイリー・ミノーグ等とのヨーロッパツアーやアルバムの制作を行っていたが、1991年に勃発した湾岸戦争にイギリスが参戦した影響による治安悪化を懸念した日本側の事務所に呼び戻される形で帰国。

帰国後も本人は音楽活動を続けるつもりでいたが、イギリス側との契約上できないことが判明、他の活動を模索する中、女優デビューすることになった。

人物

  • 一時期CM14本に出演し、「CM女王」の異名を持った。
  • 配偶者だった山形基夫とは、1998年6月に結婚。駿河台日本大学病院外科部長で、1998年1月に鈴木杏樹本人が腸閉塞を患ったときの手術を担当した一人であった。2013年2月1日に死別している。
  • 『ミュージックフェア』の司会を1995年から務め、2016年3月をもって降板するまで、在任期間は歴代司会者の中でも最長の20年半に及んだ(当該項目を参照)。
  • 藤井フミヤが自身のラジオ番組で、デビュー前の鈴木とロンドンで出会っていたことを明かした。現地に日本人コミュニティーがあり、フミヤの知り合いの家に鈴木が住んでおり、誕生日プレゼントを贈ったこともあった。その後自身が主題歌に「TRUE LOVE」を提供したドラマ「あすなろ白書」(1993年、フジテレビ系)に鈴木が出演しており、「あ、KAKKOじゃん!しかも名前変わってるし」と驚いたという。
  • 『芸能人格付けチェック』に出演した際に、カフェインアレルギーである事を公表している。
  • 『オードリーのオールナイトニッポン』のリスナーである。
  • 2020年2月3日、週刊文春が不倫報道を掲載した。記事によると俳優の喜多村緑郎と、2019年の暮れより海岸デートや、ラブホテルで一時を過ごすといった不倫関係にあると報道された。報道の翌々日、2月5日放送のレギュラーラジオ番組『オールナイトニッポンMUSIC10』を欠席(代役は森山良子)した。ただ活動休止でなく、すでに上演していた舞台『罪のない嘘』には引き続き出演した。3月4日放送にて復帰、謝罪と反省を述べた。また、ゲストには代役を務めた森山良子が出演した。

出演

テレビドラマ


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。