お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

徳山秀典



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

徳山 秀典(とくやま ひでのり、1982年1月30日 - )は、日本の俳優、歌手。東京都杉並区出身。堀越高等学校卒業。

略歴

テアトルアカデミーに所属し、1995年『八代将軍吉宗』でデビュー。1997年『ぼくらの勇気 未満都市』で演じたリュウ役で注目を集め、1998年『GTO』などのヒットドラマにも出演。1999年、L⇔Rの黒沢健一プロデュースにより『あふれる思い』で歌手デビュー。『幻想魔伝 最遊記』の主題歌等が代表的なものとなる。『最遊記』ではその縁もあり、声優としても出演する。

2005年、『ホーリーランド』に伊沢マサキ役で出演。主演の石垣佑磨と共に原作者の格闘アクション監修を受けた。

2006年、『仮面ライダーカブト』に矢車想 / 仮面ライダーザビー、仮面ライダーキックホッパー 役としてレギュラー出演。また、2009年には同役で『仮面ライダーディケイド』にカメオ出演している。

2007年の『仮面ライダー電王』の声のゲスト出演を含めると、5年連続で東映特撮番組に出演しており、戦隊とライダーの両方をメインのレギュラーキャストを演じた。また、一部地域を除く2009年2月1日・8日放送分において、ゴーオンジャーとディケイドの両方に出演したことで戦隊・ライダーの同日同時出演を果たしており、これは特撮史上においても非常に珍しい。また、金子修介監督の誘いで『ウルトラマンマックス』にエキストラ出演(ノンクレジット)、中学時代に『ビーファイターカブト』にゲスト出演をした経験があり、内野謙太と並んで『仮面ライダーシリーズ』『スーパー戦隊シリーズ』『ウルトラシリーズ』『メタルヒーローシリーズ』の全てに出演した数少ない俳優の一人でもある。

2008年2月末、所属事務所JVCエンタテインメントを退社。

2008年6月、スーパー戦隊シリーズ第32作『炎神戦隊ゴーオンジャー』で須塔大翔 / ゴーオンゴールド役として再び東映特撮作品にレギュラー出演し、話題となる。

同年「eroica」というインディーズバンドを結成し、音楽活動も並行して行った。

2009年4月、株式会社GORDIE ENTERTAINMENT所属。同年6月、K-pointに業務提携。

2010年、東海テレビ系昼ドラの『インディゴの夜』にカリスマホスト役の空也役で出演。それ以降年1回以上ホスト役でゲスト出演している。また翌年には『さくら心中』で同局の昼ドラに初主演をした。

2011年、元ボクシング世界王者の竹原慎二が原案を務めたボクシング漫画『タナトス〜むしけらの拳〜』の映画化で主演に抜擢。主人公のリク役を演じるに伴い原作者の竹原指導の下、減量やハードなトレーニングを行った。

2011年7月『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』にオスカー・M・姫島 役で出演。

2011年8月には、歌手としておよそ10年ぶりのメジャーシングルCD『プロポーズ / 愛のまま永遠(とわ)に』をリリースすることが発表された。楽曲をプロデュースしたつんく♂の話によると、この曲(プロポーズ)は1990年代にシャ乱Qが大ヒットさせた名曲「シングルベッド」の“続編”にあたる曲とのことである。なお、「プロポーズ」の方はシングル発売に先駆けて着うたフルにて先行配信された。また、東名阪LIVEツアーを開催した。

2012年9月 - 10月、11年ぶりにリリースしたフルアルバム「puresoul」を引っ提げ、名古屋、大阪、仙台、福岡、東京を回る「5大都市」ツアーを開催。

2013年7月、武蔵野市観光機構親善大使に任命される。

2013年10月、所属事務所を株式会社GORDIE ENTERTAINMENTからK-pointに移籍。

2016年5月31日、約7年間所属していたK-pointを退社した。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
プレミアムシート:11,500円 ※非売品グッズ付
一般席:8,800円
(全席指定・税込)
2019年12月20日 (金) 〜
2019年12月28日 (土)
こくみん共済coop(全労済ホール)/スペース・ゼロ

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:9,500円
A席:6,500円
(全席指定・税込)
2020年1月18日 (土) 〜
2020年1月22日 (水)
IMAホール