お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

ポール・マッカートニー



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ジェームズ・ポール・マッカートニー(英語: Sir James Paul McCartney MBE、1942年6月18日 - )は、イギリスのミュージシャン、シンガーソングライター、マルチプレイヤー。左利き。ベジタリアン。

1960年代にはロックバンド、ビートルズのメンバーとしてジョン・レノンと共に多くの楽曲を作詞作曲し、ヴォーカルと演奏を担当した(レノン=マッカートニーを参照)。ビートルズ解散後はウイングスのメンバーまたはソロ・ミュージシャン名義で活動、デビューから半世紀以上が過ぎた現在も第一線で活躍を続けている。これまでに制作した楽曲は2019年までで500曲以上で、『ギネス世界記録』に「ポピュラー音楽史上最も成功した作曲家」として掲載されている。

ファーストネームはジェイムズだが、父のファーストネームも同じジェイムズであるために、ミドルネームであるポールを主に用いている。弟はミュージシャンのマイク・マクギア。

人物

「イエスタデイ」「ヘイ・ジュード」「レット・イット・ビー」など、ビートルズの代表曲を数多く作詞・作曲している。解散後の1970年代にはウイングスのボーカルとして「ジェット」「心のラヴ・ソング」などの楽曲を発表し話題となった。1980年代はウイングスを解散し、ソロとしての活動を始めた。『マッカートニーII』『フラワーズ・イン・ザ・ダート』などのアルバムを発表し現在に至っている。

ビートルズ時代から基本的にベーシストとして活動し、エレクトリックベースを使用する事が多いが、ピアノを演奏することも増えている。また、ギターの演奏にも定評があり、ビートルズ時代の「タックスマン」やソロ時代の「恋することのもどかしさ」などではギターソロを披露している。また、「カミング・アップ」などではシンセサイザー、「ジョンとヨーコのバラード」や「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」などではドラムス、「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」などではメロトロンを演奏している。その他にもトランペット、チェロ、マンドリンやコントラバスも担当している。

作曲技法ではクラシック音楽、ベースの演奏スタイルではモータウンのジェームス・ジェマーソン。ボーカル・スタイルでは「リトル・リチャード」の影響が強い。ビートルズのメンバーでは最も高い声域を持ち、コーラスの一人多重録音も盛んに行っている。インタビューでは、お気に入りのギタリストはジミ・ヘンドリックス、お気に入りのベーシストはクロスオーバーのスタンリー・クラークと回答している。

信条は環境保護、動物愛護、平和主義、差別反対。ポールの差別反対が顕著に出ているのが、「ゲット・バック」の変更以前の最初の歌詞である。ポールは、イノック・パウエルの「血の川」演説に反発していた。最初のバージョンは、人種差別を告発し、米国と英国の移民に対する態度を批判していた。「プエルトリコ人はアメリカにいらない」「パキスタン人、仕事を奪ってはいけない」などの歌詞が含まれていた。元のタイトルは "(Don't Dig) No Pakistanis"(「パキスタン人は要らない」)だったが、レコード会社の懸念と、歌詞が逆の意味に誤解される危険性があったので、発表されたヴァージョンに変更された。

顕彰

1965年にMBE勲章(大英帝国第五級勲位)、1997年に英国のナイトの爵位を授与され、1999年にはロックの殿堂入り。2010年にガーシュウィン賞を受賞。同年、フランスのレジオンドヌール勲章オフィシエを受章。2013年のグラミー賞では『バンド・オン・ザ・ラン』が殿堂賞、第56回グラミー賞でリンゴ・スターとともに特別功労賞、2018年にウルフ賞芸術部門受賞、同年5月にはコンパニオンズ・オブ・オナー勲章を授与される。顕彰多数。

経歴

幼少期〜青年期

1942年6月18日木曜日にリヴァプールで誕生する。労働者階級出身。父のジェイムズはセールスマンや工場勤務で働く一方、”アマチュアのジャズ・ミュージシャン”で腕はセミプロ級でもあった。父方の曾祖父がアイルランド系で、さらに母方の祖父もアイルランド系だった。

1956年に母のメアリー(1909 - 1956)が乳癌で死去。この年、処女作「アイ・ロスト・マイ・リトル・ガール」を作曲する。同曲は後に1991年発売のライブ・アルバム『公式海賊盤』に収録される。ポールとジョンはいずれも母が亡くなっており、この点でもお互い共感するものがあったと言われている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。