お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

清川あさみ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

清川あさみ(きよかわ あさみ、1979年9月15日 - )は、日本のアーティスト、美術家。

来歴・人物

兵庫県三原郡緑町広田(現南あわじ市広田)出身。兵庫県立洲本高等学校卒業。写真や糸をベースにした作品を制作するアーティストである。

1998年より文化服装学院に通いながらモデルとして雑誌『Zipper』『CUTiE』『A-GIRL』などで活躍。同時に作品制作を開始し、2001年に山梨のギャラリーにて初個展。

2003年より写真に刺繍を施すという独特な手法で注目されるようになる。2009年東京都庭園美術館「Stitch by Stitch 針と糸で描くわたし」、2011年水戸芸術館(全館規模の個展を開催する作家としては最年少)、2012年表参道ヒルズで「清川あさみ|美女採集」を開催し、表参道ヒルズでは最多動員数を記録するなど数多くの美術館での展覧会を開催する。

代表作品に2007年より発表しているセレブリティー写真をベースに創られた「美女採集」、(現在までに最も注目される女優、アーティスト、ミュージシャンからアニメ、漫画の人気キャラクター(『エヴァンゲリヲン新劇場版』の綾波レイ、『ジョジョの奇妙な冒険』の空条徐倫など)まで、総勢約200名程採集されている)、人間の内面を表現した「コンプレックス・シリーズ」(高橋コレクション所蔵)、初の男性をモデルにしている作品「男糸(danshi)」、90年代原宿ファッションスナップ写真をモチーフとした「TOKYOモンスター」などがある。

また、有名企業の広告への作品提供、空間プロデュースなども手がけ、絵本著者としてもロングセラーを数多く生み出し、幅広い層から支持を受ける。

2004年ベストデビュタント賞、2010年VOCA展入賞、「VOGUE JAPAN Women of the Year 2012」受賞。同年夏、谷川俊太郎との共作絵本『かみさまはいる いない?』(クレヨンハウス)がロンドンで開催された2年に1度のコングレス(児童書の世界大会)の日本代表となる(JBBY「社団法人日本国際児童図書評議会」より選出)。2013年、ASIAGRAPHアワードにてアジアが誇れる優秀なクリエイター/技術者・研究者に年に一度贈られる「創(つむぎ)賞」「匠(たくみ)賞」の「創(つむぎ)賞」受賞。

2016年には自身の15周年を記念した個展「ITOTOITO」で新たな手法を用いた新作を発表。

2016年4月27日、彫刻家の名和晃平との結婚を発表し、6月30日にNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』のポスター制作発表記者会見の際に、同年秋頃に第1子出産予定であることを公表。10月18日に第1子男児を出産。

2017年、詩人の最果タヒとタッグを組み、日本古典文学の最高峰の百人一首の“現代訳”に挑み『千年後の百人一首』(リトルモア刊)を発表。

2018年には再び表参道ヒルズ・スペースオーにて「美女採集」シリーズを掘り下げた個展を開催。積み重なる裸体の女の子たちが “ 女性” であることを意識しはじめ、集団化する様子を寄り集まったミュータント(突然変異)として表現した新作「mutant」や、女性の人生そのものをモチーフにした作品「LIFE」を発表し話題となった。

作品

テレビドラマ

  • 「恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?」(2012年、フジテレビ) - ポスタービジュアルデザイン
  • 「高校入試」(2012年、フジテレビ) - ポスタービジュアルデザイン
  • 「ガラスの家」(2013年、NHK) - ポスタービジュアルデザイン

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。