お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

野々すみ花



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

野々 すみ花(のの すみか、1987年2月27日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団宙組トップ娘役。

京都府久世郡久御山町出身。身長161?。血液型O型。愛称は「すみか」。

略歴

生い立ち

幼少期は人前でしゃべることさえ苦手だったが、宝塚歌劇が好きだった父に「お前はタカラヅカに入れ」と言われて、6歳からクラシックバレエとピアノを習い始める。畑と田んぼに囲まれた緑豊かな京都の郊外で育ち、放課後バレエのレッスンや部活を終えた後は京野菜作りや卵の収穫など農業を営む実家の手伝いをしていた。

小学校低学年の時にたまたまテレビで見た宝塚歌劇に大感激し、トップ娘役の花總まりが大きな羽根を背負って大階段から下りてきて手を開く姿を目にした瞬間に「私はここに行く」とタカラジェンヌを志す。聖母学院幼稚園、聖母学院小学校を経て聖母学院中学・高等学校に進学し、高校1年修了時に宝塚音楽学校を受験し一発合格。2003年、宝塚音楽学校入学。第91期生。

宝塚歌劇団時代

2005年、宝塚歌劇団入団。花組公演『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』で初舞台。その後、花組に配属。同年11月に『落陽のパレルモ』で主人公の少年時代役に抜擢される。

2007年、宝塚歌劇を題材にしたテレビドラマ『すみれの花咲く頃』(NHK BShi)に音楽学校生役で同期の白姫あかりとともに出演。同年の『明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴』で早苗・早苗に変装した緑川・早苗の替え玉:桜山葉子の3役をこなし、同新人公演では初ヒロインを務めた。6月には、バウホール公演『舞姫−MAIHIME−』で初ヒロインとなるエリス役を演じる。同作は翌年に東京で再演された。

2009年2月27日、宙組トップスターに就任が決定した大空祐飛の相手役としてトップ娘役に内定。6月16日付で宙組へ異動、7月6日付で宙組トップ娘役に就任。お披露目公演は『大江山花伝−燃えつきてこそ−/Apasionado!!II』、宝塚大劇場お披露目公演は『カサブランカ』。

また、同年7月から池田銀行の新イメージガールを陽月華から引き継いで務める。イメージガールとしては9代目、娘役トップ(イメージガール在任中に娘役トップに就任したケースを含む)の起用は5人目となる。2010年5月から同行は泉州銀行を吸収して池田泉州銀行となったが、イメージガールの制度を継承したため、池田泉州銀行のイメージガールとしては初代となった。

ダンス、芝居、歌の三拍子を兼ね備えた実力派の娘役で、卓越した演技力から「宝塚の北島マヤ」とも称された。

大空祐飛の退団発表に伴って退団を決意、2012年7月1日の『華やかなりし日々/クライマックス』の東京宝塚劇場公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団した。

宝塚歌劇団退団後

2012年7月12日に梅田芸術劇場への所属を発表。

2013年1月の蜷川幸雄演出による舞台『祈りと怪物 〜ウィルヴィルの三姉妹〜』で女優としてデビュー、2014年にはミュージカル『シェルブールの雨傘』の再演でヒロインのジュヌヴィエーヴ役を、2015年にはチャップリンの晩年の傑作映画『ライムライト』の世界初の舞台化作品である『音楽劇 ライムライト』でヒロインのバレリーナ・テリー役を演じるなど、舞台作品に出演。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。