お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

伊坂幸太郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう、1971年5月25日 - )は、日本の小説家。

経歴

千葉県松戸市出身。東北大学法学部卒業。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、現在小説家として活躍している人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。数年後に作家専業となった。宮城県仙台市在住。

2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞。

本屋大賞においては第1回から第4回まで連続ノミネートされた後、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞。なお直木賞については、2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で候補となったが、2008年、同賞の影響力の高さゆえに環境が変化する可能性を憂慮し、選考対象となることを辞退している。

受賞歴

  • 1996年 - 第13回サントリーミステリー大賞佳作(『悪党たちが目にしみる』、大幅改訂後に2003年『陽気なギャングが地球を回す』として祥伝社から出版)
  • 2000年 - 第5回新潮ミステリー倶楽部賞(『オーデュボンの祈り』)
  • 2004年 - 第25回吉川英治文学新人賞(『アヒルと鴨のコインロッカー』)
  • 2004年 - 第57回日本推理作家協会賞短編部門(『死神の精度』)
  • 2006年 - 平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門
  • 2008年 - 第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞(『ゴールデンスランバー』)
  • 2014年 - 第7回大学読書人大賞(『マリアビートル』)
  • 2017年 - 第6回静岡書店大賞(『AX』)

作風

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。