お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

八木さおり



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

八木 さおり(やぎ さおり、1969年11月20日 - )は、大阪府大阪市旭区出身の日本の女優。旧芸名及び本名は八木 小織(読み方は同じ)。初期にはアイドルとしてグラビアモデルや歌手などの分野で活動していた。八木 小緒里(読み同じ)名義で活動していた時期もある。

所属事務所はオーエンタープライズ→バグジーヒーローズクラブ→ボンバーズ・バス。

経歴

アイドル 時代(第?期 八木さおり)

1985年、兄が「ミスマガジン」第4回大会に応募、グランプリに選出される。それを機に『週刊少年マガジン』及び『DELUXEマガジン』誌上のグラビアで正式にデビュー。以後、後者の後続誌である『DELUXEマガジンORE』の掲載を中心に、グラビアアイドルとして人気を博す。

1986年からは活動を多面化し、花王「ビオレ」のテレビCMデビューを皮切りに、NHKドラマ『ジェニーがやって来た』の主演で女優としての活動を、同ドラマの主題歌「センシティブハート」を含むシングル「瞳で片想い」で歌手活動をそれぞれ開始している。

1987年、『ひみつのアッコちゃん 伊豆の踊り子物語』で民放ドラマ初主演。

1988年には東宝『パンダ物語 熊猫的故事』(新城卓監督)で映画初主演。

1989年7月には主演ミュージカル『王子と乞食』で舞台デビュー。

八木小織 時代

1989年11月、20歳を機に「さおり」の表記を本名に合わせて漢字の「小織」に改める。この時期は従来のアイドル的な売り方からの路線転換を模索しており、肌の露出が大きいグラビアや髪型をショートからロングに変えるなどイメージチェンジが試みられた。

1994年11月20日にヌード写真集『春花秋冬』をリリース。

1990年代後半からは女優業を本格的に進め、以後現在に至るまで、テレビ、映画、舞台幅広く活動を続けるようになる。

2006年からは人気昼ドラシリーズ『大好き!五つ子』に中学教師役で出演。またこの時期を前後して、フットサルチームに入り、選手としてプレーしている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。