お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

劇団空感演人



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

エアースタジオAir studio co.,ltd.)は、東京都墨田区両国に本社を置く日本の舞台作品および映像の企画・制作会社である。

概要

舞台制作を中心に、映像・イベント等の企画・制作を行う。稽古期間1週間という独自のスタイルを確立し、両国・東日本橋に構える自社劇場では、毎週所属メンバーと外部出演者による舞台上演を行っている。

その独自のスタイルを利用し、若手タレントの育成として使用する芸能事務所も多く、デビュー当時のWaT(ウエンツ瑛士・小池徹平)が舞台を踏んだことでも知られる。

2006年『GENJI〜最後の源氏〜』(池袋・東京芸術劇場)では、元バレーボール全日本代表の大林素子が北条政子役で初舞台を踏んでいる。

自社スタジオ以外の公演も年数回行っており、年間50本以上の舞台を上演している。2008年7月に劇団空感エンジンを旗揚げし、自社スタジオの運営を委託。近年では、映像作品のキャスティング協力や、漫画原作等の業務も行っている。また、舞台美術、舞台映像制作等、各専門分野での評価も高い。

2010年6月、東日本橋に第2スタジオである「AQUA studio」をオープン。2012年、拠点を東銀座から両国に移転し、自社劇場・両国・「Air studio」として、オープン。毎週プロデュース公演を行っている。

2013年、飲食店経営に進出。両国にCafe Bar samasamaをオープン。2014年には錦糸町にBar Banberna、2015年には東京ホルモン1号店を押上に、2号店を立石に開店。2017年はもんじゃ焼き「ぼったら」が神保町に開店した。

2015年、劇団空感エンジンの名称を劇団空感演人とし、座長・松丸雅人、副座長・田島英明、今田尚志に変更した。

制作作品

舞台(自社スタジオ)

  • 『時計〜僕がいる理由〜』(2002年1月初演 脚本:藤森一朗)
  • 『SAKURA』(2003年4月初演 脚本:藤森一朗)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。