お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

栗原英雄



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

栗原 英雄(くりはら ひでお、1965年7月4日 - )は日本の俳優。栃木県下都賀郡壬生町出身。株式会社レ・ブリアン(Les Brillants)所属。

略歴

国学院栃木高校在学時に演劇を志し、1984年、高校卒業後に上京して劇団四季に入団。ミュージカル『ライオンキング』をはじめ数々の演目に出演し、2009年退団。

退団後は舞台や映画を中心に活動を続け、2016年に大河ドラマ『真田丸』(真田信尹 役)でテレビドラマ初出演を果たした。

役者

  • 中学時代に役者を目指し始め、国学院栃木高校入学と共に演劇部へ入部。「自分の肉体を駆使する表現がしたい」との思いからシェークスピア作品を読むなどして本格的に演劇を志した。
  • 当時憧れていた俳優(ジェームズ・ディーン、ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ)全員が『アクターズ・スタジオ』で演劇を学んだ経験を知り、更に浅利慶太の「劇団四季は食べられる」というインタビュー記事を読んだことで、劇団四季を受けることを決めたという。
  • 劇団四季にはテスト生として合格。合格理由について浅利慶太に「才能はない。だが素質はある」と伝えられたという。
  • 初舞台は19歳『コーラスライン』である。
  • 劇団内でベテランとなってからは、浅利慶太の補助として研究生を指導する側に立つこともあった。
  • 2009年、役者としてより成長したいとの思いから、25年間所属していた劇団四季を退団した。
  • 初映像作品はBABEL LABELの『けむりの街の、より善き未来は』(監督・藤井道人)。若者が作っていく現場に参加したいという意志で自らオーディションに参加し、藤井監督よりオファーをもらったことがきっかけである。
  • 以降BABEL LABEL作品には幅広い役柄(ダメ親父・地下アイドルファン・女装する役など)で多数出演している。
  • 『真田丸』出演は、同ドラマ脚本の三谷幸喜が出演舞台『タイタニック』を観劇したことがきっかけである。三谷と親交のあった共演のシルビア・グラブ経由で「映像作品への興味」を尋ねられ、興味がある旨を伝えたところ後日出演オファーが来たという。
  • 『真田丸』クランクインは2015年9月3日乗馬シーンから。30度の急斜面を馬で駆け上がる撮影に備えハードな乗馬訓練を重ねて本番に臨んだが、本編ではそのシーン自体全てカットされてしまった。しかし、撮影終了後も定期的に乗馬訓練場に通い続けている。

演劇論

  • 芝居で大切なのは相手役の反応や出方であり、それを敏感に受けそして返していく演技こそが最上の演技である、と語っている。
  • 「感情は自分で作るのではなく相手役からもらうもの。自分がどうしたいかというのを相手にぶつけた時に、相手役の反応によって初めて感情は生まれる」「自分は自分の色だけでは生きられない役者。カメラマンや演出家の言葉が必要」「自分を常にニュートラルな状態に置くことも重要」とも語っている。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。