お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

石丸幹二



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

石丸 幹二(いしまる かんじ、1965年8月15日 - )は、日本の俳優、歌手、司会者。

愛媛県新居浜市出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。元劇団四季団員。ザ・ライブラリー所属、所属レコード会社はソニー・ミュージックエンタテインメント。

来歴

生い立ち

愛媛県で生まれ、幼稚園の時に千葉県へ移り、高校まで市原市で過ごす。幼少期からピアノを習い、小学校の鼓笛隊の小太鼓をきっかけに他の楽器にも興味が沸き、チェロ、トロンボーンやスネアドラムなど様々な楽器を演奏していた。中学校の吹奏楽部でサックスやオーボエを担当し、クラシックを聴くようになる。千葉県立幕張西高等学校(現・千葉県立幕張総合高等学校)普通科音楽コースでチェリストを目指してチェロを学ぶが、音楽学校に入れるほどの力は無いと痛感。しかしなんとか音楽の道へは進みたいと考え、東京音楽大学音楽学部器楽科にサックスで受験して合格する。

3年時にアメリカのクラシック歌手であるジェシー・ノーマンの歌声を聞いたことで衝撃を受け、東京音楽大学を中途退学して東京藝術大学音楽学部を受験し、声楽科へ転向する。講師のオペラ歌手との体格・声量の差を感じ、プラシド・ドミンゴの歌声を間近で聴いたことで「自分にオペラの道はない」と悟って、音楽で表現する道を模索する中、藝大3年、25歳の時に先輩から勧められた劇団四季のオーディションを受けて合格した。

劇団四季時代

大学在学中でありながら1990年、劇団四季『オペラ座の怪人』のラウル・シャニュイ子爵役で舞台デビュー。テノールの美声と甘いマスクにより人気を呼び、以来、東京藝術大学卒業後もミュージカルとストレートプレイの両方で同劇団の看板俳優として活動し、2007年末まで17年間在籍した。

劇団外の活動としては、オロナミンC(SMAPの木村拓哉と共演)や、ネスカフェ・ゴールドブレンドのCMに出演。

劇団四季退団後

1年間の休養期間を経て、2009年1月の朗読劇『イノック・アーデン』で退団後初の舞台に立ち活動を再開。また、NHKのスペシャルドラマ『白洲次郎』(2009年)や映画『時をかける少女』(2010年公開)などに出演して映像作品にも進出する。デビュー20周年となる2010年には歌手として初のソロ・アルバム『kanji ishimaru』を5月26日にリリース、翌6月に初のコンサートツアーを開催する。

2012年、『グレンギャリー・グレン・ロス』『GOLD〜カミーユとロダン』『ジキル&ハイド』などの演技が認められ、第37回菊田一夫演劇賞にて演劇賞を受賞。

2013年、TBSテレビのテレビドラマ『半沢直樹』にて浅野匡支店長役を演じ、ブレイクする。

2017年4月2日から、テレビ朝日の長寿音楽番組『題名のない音楽会』の6代目司会者に就任する。

出演


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。