CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 前田美波里

前田美波里

前田美波里



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

前田 美波里(まえだ びばり、1948年〈昭和23年〉8月8日 - )は、日本の女優。神奈川県鎌倉市出身。オスカープロモーション所属。

父親がアメリカ人で、母親が日本人。遠縁に冨士眞奈美がいる。また岸惠子も遠縁にあたる。

来歴・人物

アメリカ人の父親と日本人の母親との間に生まれた。働きに出ていた母親に代わり、鎌倉に住む祖父母の元で礼儀や作法、しつけなど厳しく育てられ、小学校は、三井財閥の令嬢のために作られたと言われる聖ミカエル学園に通った。小学4年生の時、友達の影響でクラシックバレエに憧れ、鎌倉のエリアナ・パヴロワの弟子・野口力子の下でバレエを習い始める。そして、将来バレリーナになるためには鎌倉にいるよりも東京で勉強した方がいいのではないかと考え、上京。高校生の時に芸能プロダクションに所属し、「堀内完ユニークバレエ団」に通った。

1963年、文化学院在学中に芸術座のミュージカル『ノー・ストリング』のPRを兼ねて東宝が募集した"ミス・ノー・ストリング"に優勝し、東宝現代劇に8期生として入団。翌年の1964年にミュージカル『ノー・ストリングス』で初舞台を踏んだ。

1966年、18歳の時に資生堂のサマー化粧品「太陽に愛されよう」キャンペーンガールとして起用され、人気を博した。その際のハワイでのロケがきっかけで知り合ったマイク眞木と1968年に20歳で結婚。思わぬ勢いで名前が売れてしまったことへの戸惑いや、水着写真ばかりを求められることに嫌気がさしていたこともあり、一時仕事を辞めてアメリカで旅をしながら1年半を過ごした。

1971年10月から1972年3月までNHK総合テレビの音楽番組『ステージ101』でMCを夫のマイク眞木と共に務めるなどしたものの、ミュージカルがその頃の日本ではあまり定着していなかったため、一番やりたかった踊る仕事ができなかった。観客からアプローズ(喝采)を受けることが無い生活に耐えきれず葛藤した末、舞台を中心に活動を再開することを決意。厳しい世界で生き残るためには家庭との両立は難しいと考え、当時3歳だった息子の真木蔵人を残して1人で家を出た。1976年にマイク眞木との離婚が成立した。

29歳で芸能界に復帰するが、ミュージカル関係の仕事はやはりゼロだった。それなら自分から行くしかないと考えて他の仕事を全て断り、劇団四季の『コーラスライン』のオーディションに全てを賭けて挑むも落選。しかしそれでも諦めきれず頼み込んで稽古を3か月続けたところ、演出家の浅利慶太に呼び出され、開始10〜15分でいなくなる役でもやる気があるかを問われ、「やります!」と即答した。そして父母が離婚して辛い日々のなかバレエが支えだったという、自身と境遇が似た女の子の役を射止めた。この時の経験や舞台の基礎的な部分の習得は宝物であり、人生観を大きく変えたという。

2008年4月、ニュージーランド政府観光局の初代オピニオンリーダーに就任。

2008年10月21日からは41年振りに資生堂のCMに出演している。

2013年4月から『スポーツニッポン』紙上で「我が道」を連載。

劇団四季、東宝をはじめとした様々な舞台やテレビドラマやCMなど各方面で活躍中である。

受賞歴

  • 2009年2月 - ジーンズフィフティ大賞特別賞
  • 2009年3月 - 第30回松尾芸能賞優秀賞

出演

映画


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。