お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

麻実れい



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

麻実 れい(あさみ れい、1950年3月11日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団雪組トップスター。

東京都千代田区出身。身長172cm。血液型O型。愛称ターコ。梅田芸術劇場所属。

来歴

1968年3月、東京家政学院高等学校卒業。同年4月、宝塚音楽学校入学。1970年、56期生として宝塚歌劇団に入団。同期には萬あきら、条はるき、東千晃(元星組トップ娘役)、小柳ルミ子(当時は夏川るみ)らがいる。雪組公演『四季の踊り絵巻/ハロー!タカラヅカ』で初舞台を踏み、翌年3月8日、星組に配属。入団時の成績は70人中35位。

1972年、『花の若武者』新人公演にて主役・鬼若(若き日の弁慶)に大抜擢。研3(宝塚用語で「入団3年目」をさす)での新人公演主演は当時の新記録だった。同年、雪組に組替え。

1975年、入団6年目にして『ベルサイユのばら−アンドレとオスカル−』でアンドレ役に抜擢され、美貌の長身男役スターとして人気を博す。後に二番手男役スターに昇格し、翌1976年には『星影の人』で土方歳三を、1977年には『あかねさす紫の花』で中大兄皇子を演じ、自身の代表作となった。

1978年、『風と共に去りぬ−スカーレット編−』にてレット・バトラーを演じ、人気を決定付ける。当時の雪組トップスター汀夏子には固定の相手役がおらず、二番手の麻実とよく組んでいた為「男役同士のコンビ」(汀談)と呼ばれた。

1979年、宝塚バウホールにて自身のリサイタルとなる『愛の飛翔』に主演。この作品は1984年まで『愛の飛翔II』『愛の飛翔III』とシリーズ化される作品となる。

1980年、汀の退団に伴い、雪組トップスターに就任。お披露目公演は『花の舞拍子/青き薔薇の軍神−アンジェリクII−』。相手役は星組より遥くららを迎え、抜群の美貌と華・息の合った演技でゴールデンコンビと謳われた。

1983年、クロード・アネ原作の『うたかたの恋』にて自身が熱望したルドルフ皇太子を演じ、この作品は現在まで再演され続ける名作となる。

1984年、再演『風と共に去りぬ』で再びレット・バトラー演じるも、相手役・遥はこの作品限りで退団。麻実は新しい相手役を特定せず空位としたまま、次作『千太郎纏しぐれ/フル・ビート』公演中に退団を発表。

1985年4月30日、『花夢幻/はばたけ黄金の翼よ』の東京公演千秋楽を最後に退団。この公演では、相手役を入団4年目だった一路真輝(当時は一路万輝)が務めた。

退団後は舞台女優として活躍。1995年にはタイトルロールを演じた『ハムレット』で10年ぶりに男役を演じ、第3回(1996年度)読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞。その後2011年には『黒蜥蜴』で再び同賞を受賞している。

2001年には初出演した映画『十五才 -学校IV-』にて第24回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞し、2002年には毎日芸術賞を受賞するなど、女優としての地位を確立している。

2006年、紫綬褒章を受章した。

人物・エピソード

  • 東京の神田明神界隈で刀剣金具製造業(鍔など)の父のもと三人姉妹の末子として生まれる。幼稚園時からバレエを習い、高校3年生の時に宝塚ファンであった姉達の勧めで音楽学校を受験し合格した。
  • 宝塚歌劇団退団直後の1985年8月、日本航空123便墜落事故当日、仕事が早く終わったため、123便をキャンセルし1便早い飛行機に振り替えて難を逃れた逸話を持つ。ちなみに明石家さんま・稲川淳二・逸見政孝・佐々木正らも同じ逸話を持っている。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
直前割引
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
先着限定!
全席指定:7,000円 → 【指定席引換券】カンフェティ特別価格!
(チケット購入ページにて公開!)
2018年6月9日 (土) 〜
2018年6月27日 (水)
六本木トリコロールシアター
販売終了

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:8,500円(プレビュー特別価格/税込)
2018年6月30日 (土) 〜
2018年7月1日 (日)
THEATRE1010
販売終了

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:7,500円
A席:6,000円
B席:3,500円(税込)

2018年7月10日 (火)
岩手県民会館大ホール