お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

未来優希



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

未来 優希(みらい ゆうき、5月8日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団雪組の男役。元雪組副組長。

東京都渋谷区、順心女子学園高校出身。身長166cm、血液型B型。愛称は「ハマコ」。名取名「花柳実香優」。

所属事務所ACT JPエンターテイメント株式会社。

略歴

  • 5歳の頃から日本舞踊を習っていた。
  • 歌劇を見るのも母親が好きだったこともあり、幼い頃から良く観劇した。当時は麻実れいに憧れていたという。小学校の時から宝塚に入りたくて、日舞の他にもバレエ・タップ・ジャズダンス・モダンダンスなど様々な習い事をしていた。中学校からは声楽を習っているが、譜面を読むのはあまり得意ではないという。
  • 1991年、宝塚音楽学校に3度目の受験で入学。
  • 1993年、79期生の首席で宝塚歌劇団入団。月組公演『グランドホテル/BROADWAY BOYS』で初舞台を踏み、組まわりで花組公演、星組公演に出演の後、雪組に配属。同期に元雪組主演男役の水夏希、元花組主演娘役で現在女優の大鳥れい、元星組娘役で現女優の秋園美緒、元宙組の朝比奈慶、南城ひかり、元月組組長の越乃リュウらがいる。
  • 1996年、日本初演となる『エリザベート』の新人公演で皇太后ゾフィーを演じた。その後、2007年の再演時には同役を本役として演じている。
  • 1998年バウホール公演『心中・恋の大和路』で与平役を演じた。
  • 1999年『バッカスと呼ばれた男』新人公演のジュリアン役で新公初主演を果たす。
  • 2004年7月、同期の雪組娘役(当時)愛耀子とともに、「宝塚巴里祭2004 ボンジュール・パリ」の主演をつとめた。
  • 2008年3月31日付で雪組副組長に就任。
  • 2009年1月27日〜29日に第8回イゾラベッラ サロンコンサートに出演する。
  • 同年『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-/RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』では当時、雪組組長の飛鳥裕が体調不良により休演したため、組長代理の役目を果たした。
  • 2010年4月25日『ソルフェリーノの夜明け/Carnevale(カルネヴァーレ) 睡夢(すいむ)』の東京公演千秋楽をもち、当時の雪組2番手スター彩吹真央、大月さゆらと共に退団。
  • 2010年5月 Xリーグ所属「エレコム神戸ファイニーズ」の山中太介選手と結婚。
  • 2010年10月1日、公式ブログを開設し、女優として活動することを発表。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。