CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 善竹隆司

善竹隆司

善竹隆司



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

善竹 隆司(ぜんちく たかし)は、狂言方大蔵流能楽師。

経歴

二世善竹彌五郎の長男で父に師事。狂言方初の人間国宝・初世善竹彌五郎の曾孫にあたる。5歳の時、狂言「靱猿」で初舞台。「三番三」「那須語」「釣狐」「花子」を披演する。「善竹兄弟狂言会」を弟の隆平とともに主催。

手塚治虫作品「ブラック・ジャック」を原作に、新作狂言「勘当息子」「老人と木」を制作上演する。

追手門学院「上町学プロジェクト」に於いて大阪の地名由来を描いた新作狂言「おさか」を制作上演する。

兵庫県立宝塚北高等学校演劇科講師 大阪芸術大学舞台芸術学科講師。日本能楽会会員。

平成10年度「神戸ブルーメール賞」平成15年度「兵庫県芸術奨励賞」平成15年度「大阪文化祭奨励賞」第3回「神戸キワニス文化賞」平成23年度「大阪文化祭賞」受賞平成24年度大阪市「咲くやこの花賞」受賞平成29年度「文化庁芸術祭優秀賞」〈演劇部門〉受賞

脚注

外部リンク

  • “善竹家”. 大蔵流狂言善竹会. 2022年2月25日閲覧。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。